樹脂の合成・タンパク質の呈色反応・ナイロン66の合成

理数化学  11/21 (月)  ④限
   
 △樹脂の合成
 
 △タンパク質の呈色反応
   
 △ナイロン66の合成
生徒の感想  (3年 理数科  佐藤芳紀  小川町立東中学校出身)

 尿素とホルマリンの混合液を作り、濃硫酸を3~4滴加え尿素樹脂を作る実験やタンパク質の有無を調べる実験、最後に、ヘキサメチレンジアミンを含んだ水に、アジピン酸ジクロリドとヘキサンの混合液を加えてナイロン66を生成する実験を行いました。
 私はこの実験から2つのことを学びました。1つは、化学反応の不思議さです。尿素とホルマリンの混合液が濃硫酸によって尿素樹脂に変わるとき、2つの液体が一瞬で硬い個体になり、理屈を知っていても感動しました。2つ目は、ナイロン66など高校生では生成できないと思っていたものも、意外と簡単に生成することができ驚きました。