サリチル酸の誘導体

化学  9/15 (金)  ④限
 
   
生徒の感想  (3年6組  菱沼辰樹  川越市立大東中学校出身)
サリチル酸の誘導体(サリチル酸メチルとアセチルサリチル酸)を合成し、その性質を比較する実験を行った。実験は成功した班と失敗した班があった。失敗した例として、合成したサリチル酸メチルに塩化鉄を入れたとき、紫色ではなくオレンジ色になることがあった。理由はその前の炭酸水素ナトリウムを少しずつ入れ、未反応のサリチル酸を反応させる作業で、炭酸水素ナトリウムを入れ過ぎたためである。オレンジ色は水酸化鉄の色であり、水に溶けにくい性質で沈殿が見られた。今回の実験で使用したものは私たちの生活でも使っている身近なものであり、少し興味を持った。