SSH日誌

SS科学探究Ⅰ 生物分野

6月2日(水)理数科1年生のSS科学探究Ⅰの授業で、探究生物についての授業がありました。これで物理、化学、生物、地学のそれぞれの説明が終了したことになります。この後、生徒たちは各分野に分かれて研究を進めていくことになります。

 

 

生徒の感想  伊藤優成 (坂戸市立若宮中学校出身)

今日の講義では、赤坂先生から先生ご自身が大学院生の時に行ったというウニの研究に基づいて生物分野において様々なことを知ることが出来ました。
先生は実験の末にウニのとげが抜け落ちる現象の正体が、菌に対してウニの起こす免疫反応なのではないか、と考察しました。この考えを聞いた時にすごい、と思いました。なぜなら先生は沢山の実験を重ねた末に、ひとつの考察を導いたからです。しかし僕にはまだそのように複数の情報を組み合わせ1つの考えを導く力はありません。ですから、先生のした考察がすごいな、と思いました。僕は今後研究を通してそのような思考力を鍛えたいです。
また、先生からは研究結果を論文としてまとめる際に使うパワーポイントの重要性についてもお話していただきました。僕はまだパワーポイントを使ったことがないです。しかし将来使うかもしれないこのソフトは今のうちに使えるようになった方がいいと確信しました。
僕はこの1時間の講義で生物に少し興味を持ちました。
ありがとうございました。