SSH日誌

SS科学探究Ⅰ 地学分野

4月21日(水)の理数科1年SS科学探究Ⅰの時間では、地学担当の加藤先生から探究についての講義がありました。

 年間を通して探究の授業でどのようなことをやるのかや、学習は先人が得た知識を学ぶことで、研究はどんな些細なことであっても誰も知らないことがある、といった説明がありました。

 

 

授業の最後に屋上に出て、学校を中心とした地形の説明や、遠くに見える山々の解説などがありました。

 

生徒の感想 新井保寛(吉見町立吉見中学校出身)

今回のSS科学探究の授業では、授業の内容やこれからの大まかな予定について説明がありました。さらに、学習と研究の違いや、発表にはプレゼンテーション能力が必要なこと、研究テーマを探すときは、よく観たり、常識を疑ってみたりすると良いという説明もありました。今回の授業で今までよくわかっていなかった研究テーマの探し方のコツや、SS科学探究の進め方が分かりました。面白いテーマを見つけて研究をしていきたいです。また、2人から数人のグループで活動するそうなので、会話や協力することを大切にしたいと思います。