SSH日誌

数学出張講義

1月21日㈫ 1年理数科、特進クラス対象に、東京電機大学理工学部教授 硲文夫先生を講師にお招きして数学出張講義を実施しました。

今回は「点字のふしぎ」というタイトルで、点字を題材に論理的に考え解読していくプロセスや点字の構成などについて講義していただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

生徒の感想 岡田大雅 (鶴ヶ島市立鶴ヶ島中学校出身)

今回の講義では硲文夫先生にお越しいただき、点字についての講義をしていただきました。

点字にはひらがなだけでなく、ローマ字や音符を表現できることにとても驚きました。点字は難しいと思われがちですが、話を聞くと規則性があることを知りました。点字の読み、書きの実習を通して点字に関心を深めることが出来ました。

これからの生活で、点字に触れる機会を増やしていきたいと思います。また、この講義で学んだことを活かし進路選択に役立たせようと思いました。