松高日誌

体育の授業

 松高では10月7日(木)に体育祭が行われました。

 その直前まで分散登校が行われていたため、ほとんど全員での練習ができない状況でしたが、10月2日(土)は全員登校であったため、体育があるクラスは体育祭の練習を行いました。

 どのクラスも久々の全員登校&全員での体育の授業ということで、笑顔が溢れていました。

 ↑2800mリレーの練習です。100mをクラス代表の28名で走ります。

 ↑長縄跳びです。例年だとクラス代表が全員同時に飛び、連続で飛べた回数を競います。

 今年はコロナ対応のため、八の字で連続跳びを繰り返す方式となりました。

 今年は制限のある中での体育祭開催でしたが、来年はもっと準備と練習ができることを期待しましょう!

ー生徒のコメントー【吉野 史晏(吉見町立吉見中学校 出身)】

 体育の授業では、1学期の初めから1500m走があり、それをみんなで乗り越えようととても声がけが多くされていて、そこからみんなの絆が深まっていった気がします。男子だけなので想像以上に体育の授業は盛り上がるので、僕は体育の授業が大好きです。これからは、4800m走が始まると思うのでとても苦しい時もあると思うけれど、またみんなでチーム一丸となって乗り越えていきましょう!