松高日誌

【SSHの取り組み】


6月7日(水)の6限に1年理数科で生物分野に関するSS科学探究の授業がありました。

今回の授業ではまず、生物学を学ぶ意義や、研究においては「なぜ?」という疑問が大事であることを伝えました。その後、制限時間内に動物・植物・微生物に関する疑問をグループでどんどん挙げていくワークを実施し、疑問を生み出す練習を行いました。しかし、今日生み出した疑問は既に誰かが解き明かしたものや、研究者でも解き明かせないものが多く、まだ誰も着目していないが高度な設備がなくてもできる疑問を見つけていくことが重要であることを伝えました。








生徒の感想 池田和麿 (ふじみ野市立花ノ木中学校出身)

今回は科学探究Ⅰの授業で生物分野のオリエンテーションがありました。
内容はSSHの研究テーマを考えるために、不思議に思うことを紙に書きあげるものでした。最初は先生の自己紹介、次に動物、植物、微生物について話し合いをしました。この話し合いを通して不思議に思うことを探す姿勢を見つけることが出来ました。また、班員の自分とは違った考え方を聞いて、とても影響を受けた1時間でした。そして今回学んだ姿勢を今後のテーマ探しの時に活かしていきたいです。