松高日誌

【国語科】後期の松高塾(創作)

国語科の矢野です。(8)

先日、後期の松高塾「創作プロジェクト 羊 2021」が再スタートしました。
2年生18名、1年生27名で、
特に1年生は新メンバーがたくさん増えました。

主に小説/エッセイを創作し「書く」プロを目指す。
日常を観察し、自分自身を解剖、そして自由に逸脱していく。

 

今回の課題は、
「ある『生き物』が登場する小説/エッセイを自由に創作してください。」
実在する生き物について「執拗に」描写する、というルールもつけました。

合評では、4人程度のグループで創作した作品を読み合い、コメントしていきました。

他学年の作品を読むのが、思わぬ刺激だったようです。
2年生は、1年生に
〈1年生がすごい。とてつもなく。彼らの才能に惚れるとともに、気合いの帯を締め直すいい機会だった〉
〈1年生はもっと爆発して自分なりの自由に面白い方向に飛んでいってほしい〉
〈1年生やっぱ凄いですね、後一年間フリーで創作できるからいっぱい伸びるし、羨ましいです〉
など、お兄ちゃんのような温かいコメントをしています。

1年生は、2年生に
〈合評のときの先輩の文章を読んで、面白く色んな表現ができるんだと気づかされました。そこまでいけるようにしたい〉
〈2年生が参加するだとか言うものですから緊張しっぱなしでした。ただ、書いたものを読み合い意見を交わすことは思いの外楽しかったです〉
など、文章(創作)力に驚いた・合評が楽しかったとコメントをしています。
おーーーすごくいいじゃないか!

松高塾(合評)のようす

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いま個々の作品に講評を書きながら、HPを更新しています。

松高生や、これから高校生になる中学生は、至るところに転がっている「おもしろいもの」を見つけ、どうか自分の可能性に蓋をしないでほしいです。
私は、才能の芽に気づける場の提供と、才能を伸ばすアシストをしたいと思います。

 

ー生徒のコメントー【小澤昂心(東松山市立松山中学校 出身)】

 この松高塾に参加しようと決めた時、自分は「小説のルールを知ってちゃんとした小説を書けるようにしたい」という単純な目標を心の中で掲げてました。実際この松高塾に参加してみると、小説はかなり深いもので、全く知らない文学を学んでいる感覚でした。
 今まで、なにか物語を書けと言われたら、どんな文章を書けば相手に伝わるのか、相手を感動させるにはどういう展開にしていけばいいのか、などストーリーばかりにこだわっていましたが、小説を書くのにあたって面白みを引き出すには、どれだけ「逸脱」できるかが鍵だということをこの松高塾で学びました。常識から「逸脱」した小説を書くには、思いもしない展開にもっていくのではなく、一文一文をどれだけ「逸脱」させられるかが肝だと思います。もちろん展開にこだわることもその小説を印象的なものにする力になると思いますが、例えば句読点の位置を変えたり増やしたりすると、その文章からは違った雰囲気を感じられますし、同じことを十回言ってみたりすることで、なんだなんだと読者の気を惹きつけられたりと、ちょっとした遊び感覚で工夫を凝らすとその小説は普通とは離れたものになり、読んでいると今までにない面白さを感じられることがあります。
 文章が持つ力は想像以上に大きくて、とても魅力を感じます。これからも文学の深さをこの松高塾で学んで、自分にしか書けない文章を書けるようになりたいです。