松高日誌

筑波大見学会

平成24年7月12日(水)2年理数科及び特進クラスが筑波大学へ行ってきました。始めに大嶋建一名誉教授から大学の概要説明をしていただき、松高生へのメッセージもいただきました。その後理系と文系に分かれ模擬授業を受けました。理系模擬授業は60名が参加し、理工学群化学類の木越英夫教授に「自然から学ぶ」と題した授業をしていただきました。文系模擬授業は20名が参加し、人文学群人文学類の中野目徹教授に「大学での歴史学」と題した授業をしていただきました。大学の食堂を利用させてもらっての昼食の後は、理数科と特進に分かれ、理数科はプラズマセンター、特進は計算科学研究センターで研究施設見学を行いました。その後中央図書館も見せていただき、一日盛り沢山の内容となりました。
 
その他の記事も理数科SSHのページ(こちらをクリック)に掲載されています。ご覧ください。