松高日誌

生物部の研究論文が国際学術誌に掲載されます

生物部メダカ班の研究論文が国際学術誌「Genome(ゲノム)」に掲載されることになりました。

 松山高校生物部メダカ班は、SSH(スーパー・サイエンス・ハイスクール)の活動の一環として、京都大学霊長類研究所 古賀章彦(こがあきひこ)教授、宇都宮大学バイオサイエンス教育研究センター 松田 勝(まつだ まさる)准教授の指導助言を受け、トランスポゾンに関する研究を行ってきました。このたび、その研究成果が認められ、掲載されることになりました。


研究テーマ

 Spontaneous germline excision of Tol 1, a DNA-based transposable element naturally occurring in the medaka fish genome

 和訳(メダカのDNA型トランスポゾン Tol1の生殖系列での自発的に起きた切り出し)


概要
飼育していたアルビノメダカの中から全身が黒いメダカが生まれたことに着目し、染色体上を動く遺伝子「トランスポゾン」が生殖細胞でも転移することを確認した。