松高日誌

2年生 LHR

 1月23日(木)の2年生のLHRでは、小論文模試の事前学習ノートを作るワークを行いました。

 国公立大学で公募推薦やAO入試などで小論文や面接を通して、合格を勝ち取る生徒が松高でも増えてきています。

 普段の学習の上での知識があってこその小論文。

 最初は感想文のようになっていた松高生も、回数を重ねるにつれて小論文らしくなっていきます。

 

【生徒の感想】 中島 大輝(鶴ヶ島藤中 出身)

 今回は高校に入ってから5回目の小論文指導でした。一年生の一番最初に小論文をやった時よりも自分の思っていることや感じていることを上手く言葉で表現できるようになってきたなと自分でも実感しました。自分の部活動の先生にも常日頃からこれからの推薦入試やAO入試では小論文が合否の鍵になるんだぞ。と言われているので一回一回の時間を大切にしていきたいと思います。このような入試に向けての時間があると入試まであと少ししかないと感じるので今後更に文武不岐を目指して頑張ろうと思います。