松高日誌

雨の日

 

雨が降ってきました。

今週は、あいにくの空模様がつづくようです。

すると、なぜだか心まで重たくなってきてしまうものです。

水たまりに映る記念館

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小さいとき、雨の日が待ち遠しいと思ったことはありませんか。

新しい長靴をはいて、

カラフルな傘をさして、

水たまりにジャンプして、

水びたし、しかも泥だらけになって。

 

曇り空だと、気分が沈みやすい。どこか暗いところへ引っ張られてしまいがちです。

でも、(どんなに大きくなっても)気分は明るく、前向きな方がよいものでしょう。

 

最近は、オンラインや電話などで、面談・SHRをしています。

松高生の声を聞けたり、顔を見られたりすると、とても安心します。

みなさんが元気でいてくれるのが、何よりです。

あと少し、そう信じて、明るくポジティブに!