松高日誌

ありのままでいること。

1年生の国語の授業では、文章を書く表現力を鍛えるさまざまな取り組みをしてきました。

その一環で、今日は3分間のこんな取り組みをしてみました。

「雲に住んでいるあなた。雲から落ちないコツを教えてください。」

生徒の答えをいくつか紹介します。

・雲の端を曲げてお皿みたいにする。

・小さくなったらタバコから煙を出して拡張する。

・雲と手を繋ぐ。

・もういっそ子供に戻る。

・ありのままでいること。

 

彼らの感性でしか生まれないものばかりでした。まるで小説の設定のようでもありました。

これから先、松高生も「ありのまま」の自分を大切にしながら、どんどん成長していってほしいと思います。この感性が、文章力と結びついて、もっと膨らませていければ、それこそ生きていく上での大切な力になります。

松高から見える空の写真

 

 

 

 

 

 

 

  

 

ちなみに、答えの中に「雲になる」というのもありました。

雲から手足がはえたキャラクターも添えてくれました。それはそれで私は好きですよ。

冬が終われば、春が来ます。ガンバレ、松高!