松高日誌

【化学部】サイエンスフェア

11月12日(土)大宮ソニックシティでサイエンスフェアが行われ、化学部が参加してきました。

  

サイエンスフェアとは高校生が日々の研究成果を発表したり、小学生や中学生に科学の楽しさを伝える場として産業教育フェアと同時開催しています。県内高校の科学系部活動が様々なブースで来場した人たちと一緒に科学実験をしました。

松山高校からは化学部が「とある化学部の実験教室」と題してスライムづくり体験や信号反応の展示などをしました。

当日は大勢の小中学生が来て大いに盛り上がりました。また参加している他校の生徒とも交流が出来ました。

 

生徒の感想 島本悠太 小川町立西中学校出身

私たち化学部は、11月12日に大宮ソニックシティで行われたサイエンスフェアに参加しました。この催しは、埼玉県の高校がそれぞれ実験教室や科学の展示をしたり、活動の成果をポスターにして発表したりするというものです。 私たちはスライム作りや信号反応の体験をしてもらったり、3つの研究をポ スターにして発表したりしました。 少しバタバタしてしまうこともありましたが、お客さんといっしょにスライムを作ったり、ペーパークロマトグラフィー体験をしたりして楽しむことができました。他にも、他校のブースにお邪魔して交流を深めることもできました。 他校のブースでは、 実験についてわかりやすく紙芝居にまとめていたり、 シフトを組んで効率よくブースを回していたりと、参考になることが多々あり、来年の参考にしたいと思いました。 今回の経験を普段にも生かして、化学部の活動をより充実させていきたいです。