松高日誌

【地学部】天体観測

11月8日(火)地学部と松山女子高校地学部による合同天体観測会を行いました。

この日は442年ぶりとなる、皆既月蝕と月蝕中に月が天王星を隠す天王星蝕が起こりました。

松山女子高校から20名程の地学部生徒が来校し、月蝕の様子をを観察しました。

松山高校からは地学部以外にも、月蝕観察のためにナイター照明を消してもらったため部活が早めに終わった野球部員や、取材に訪れた新聞部員、そのほか興味のある生徒たちが世紀の天体ショーを見に屋上の天体ドームに集まりました。

 

松山高校の屋上には昭和40年代の校舎建て替えに併せて設置された天体ドームがあり、松山高校創立90周年の際に導入された150mm屈折式天体望遠鏡が格納されているのです。

 

ドームの中では刻一刻とその色合いを変えていく赤銅色の月をモニターで観察しました。

 

天王星がまもなく月に隠れるところです。

 

天王星が月に隠れる瞬間です!

 

月から再び天王星が姿を現しました。

このタイミングは皆既月蝕は終わっていて、部分月蝕した月からの天王星となります。

 

PDFはコチラ→皆既月食・天王星食.pdf

写真は全て地学部生徒による撮影です。

次に皆既月蝕と天王星蝕が見られるのは322年後とのことです。