松高日誌

【松高祭】科学系部活動

9月4日(土)に開催された松高祭での科学系部活動の様子を紹介します。

 

 ↑校門付近に展示された、実行委員によるマンモスと砂時計↑

 

普段通りの文化祭であれば、松高生はもちろんのこと、小中学生、保護者の方々にも大人気の科学系部活動の展示。

残念ながら、今年は校内公開のみとなりましたが、研究や日頃の科学系部活動の活動紹介や、教室に足を運んでくれた人たちに楽しんでもらえる科学実験などを実施しました。

 

◆地学部◆

地学部はコハク即売会とコハク磨き体験をしました。

顕微鏡でコハクに閉じ込められた虫を観察できるコーナーもありましました。

 

 

◆物理部◆

物理部は、ゲームの発表やライントレースロボットのプログラミング体験をしました。

 

◆化学部◆

「大科学実験」

 

化学部はビスマスの結晶を作ったり、信号反応や、ゾウの歯磨き粉などの実験体験をしました。

 

◆生物部◆

「研究費不足中~同情するならメダカ買え~」

生物部では研究内容のポスター展示とメダカすくいをしました。

校長先生もメダカすくいにチャレンジしてくれました!