松高日誌

松高日誌

トイレをきれいにできない人は、何をやってもうまくいかない。

 タイトルは、トイレ掃除中に生徒が他の生徒に言っていた言葉です。

 今日のテーマは松高のトイレについてです。

 

 1年生に「松高の施設で一番驚いたのはどこ?」と聞くと、多くの生徒が「学校説明会や入試の時にトイレに驚いた!」と言います。

 なので、松高の売りである、クリーンなトイレについて触れておきます。

 なお写真は、清掃時に洗面台以外に生徒がいないことを確認して撮影しています。

 

 

 入り口です。

 半透明のガラスの目隠しがおしゃれです。

 デパートのように(←ここ重要)、入り口に全身鏡があるので、身だしなみもばっちりです。

 

 

 洗面台にも大きな鏡があり、洗面まわりは白、洗面台の中はグリーンでとてもさわやかです。

 なお、コロナ渦以前から、松高ではハンドソープが常設されています。

 さらに、感染症流行期は場所によって泡の出るハンドソープが設置されます。

 

 

 上に注目すると、公立の学校ではあまり見ることのできないLEDのダウンライトが輝いています。

 まるでオフィスビルにあるトイレのようです(←ここも重要)

 しかも、トイレの照明はすべて人感センサーで自動点灯・消灯なのです!

 

 

 個室に入ってみましょう。

 ※こちらはアルコールの便座ふきが、設置されている個室です。

 

 

 TOTO製のウォッシュレット(しかも、なぜかタンクレス)便座です。

 こちらにもセンサーがついていて、使用前にノズルが自動掃除されます。

 

 

 そして、こちら!

 リモコン操作版がついていて、男子トイレでは滅多にお目にかかれない(男子トイレを使用されいてる方はわかっていただけるはず)流水音が流れる機能まであります!!

 

 

 小便器側は足下が石風になっていて掃除もラクラクです。

 こちらは自動水栓です。

 以上トイレの紹介でした!

 

 ※紹介したトイレは普通校舎の1~4階にある生徒用のものです。

   西側と東側で改装時期が2年ほど異なるため、仕様に若干の違いがあります。

  なお、来賓用・教員用トイレは改装されていません。ご了承ください。

夏期休業前放送による全校集会

 8月7日(金)が夏期休業前最後の登校日となりました。

 3年生は勝負の夏が例年よりも短いですが、各自の目標に向けていい夏休みにしましょう!

 1,2年生も梅雨明け後、急激に暑くなった中での熱中症等に気をつけつつ、部活等で熱い夏を過ごしましょう!

 

 

【おまけ】

 この夏、4階の普通教室に扇風機が設置されました。

 屋上の照り返しで上の階ほど気温が高い傾向にあるための措置です。

夏期休業前大そうじ

 8月7日(金)は夏期休業前最後の登校日でした。

 朝のSHR後、大そうじが行われました。

 松高生は担当箇所を指定されなくとも自分で考えてよく動きます。

 場所を指定されたときには要求以上にきれいにしてくれる生徒が多いです。

 チェック担当の生徒も妥協なく「まだここが汚れている!」など指摘してくれてます。

 心強いですね。

 

応援団部・野球部 新聞に記事掲載

 令和2年8月6日、7日の2回に渡って、読売新聞朝刊の埼玉欄に本校の応援団部・野球部の記事が掲載されました。

 

 野球部が県独自大会に8日から挑みます。

 この大会は無観客で行われるため、応援団も含め応援の方はスタンドにはいることができません。

 なんとかしてエールを送りたいと応援団の幹部が企画、野球部の部長らと相談をした後、校庭で壮行会を行うことを顧問に提案し、実現することとなりました。

 

 

SSH英語研究発表会【SSH担当より】

8月1日(土)本校視聴覚室に於いてSSH英語研究発表会を実施しました。3年生にとっては1年生の時から続けてきた研究の総まとめの場となります。

 

コロナ禍の中、どのように探究活動を進めるのか、どのように発表会を実施するのか検討を重ねた結果、発表する3年生は視聴覚室で、1、2年生は各教室でZoomで繋ぎリアルタイムでの視聴となりました。

 

3年生はこの発表に向けて、外国人講師の方から指導を受けたり、昼休みにプレゼンの練習をしたりしてきました。


発表した研究は以下の14本です。

 

   

 

 PDFはコチラ

 

 視聴覚室では窓を開けて換気し、間隔を開けて着席しました。

 

 

外国人講師の方はマスクとフェイスシールドを着用していただきました。

 

 

 

司会の宮崎リズニ君と山口民夫くんです。

 

 

発表者もマスクとフェイスシールドを着用してプレゼンをしました。

 

質疑応答では、外国人講師の方や3年理数科の生徒はもちろん、Zoomで繋いだ1,2年生からもモニター越しに質問を受けました。

また、埼玉県教育委員会の担当者や運営指導委員の方もオンラインで視聴、講評もしていただきました。

 

 

 

すべての発表の中から評価の高かった上位3本のプレゼンを紹介します。

 

 

1位

Why Kumagaya's Summer is Very Hot?

 

 

 

2位

 Growth Efficiency of Aurantiochytrium
~Aiming for oil is generated from waste liquid~

 

 

3位

How to Improve Solar Efficiency

 

 

生徒の感想

3年

城竹直大(坂戸市立坂戸中学校出身)

1年の時から続けてきた研究で、2年生の時に生徒研究発表会で発表したものを英語に翻訳しプレゼンをしました。今回はコロナの関係で視聴覚室からZoomを使って発表をしました。すべての班がパワポなど、様々な工夫が見られる発表をしていました。多くの人の前で発表することで、自分たちのプレゼンの課題が見えてきました。また、審査してくださった先生方の講評で今後どうしていけばいいかアドバイスをもらえたので、今後プレゼンする機会に生かしていきたいと思います。

 

塚瀬翔太(ふじみ野市立大井東中学校出身)

3年生理数科の英語によるSSH英語研究発表会が行われました。コロナウィルスの関係上でZoomを使った発表会となり、不安がありましたが無事に成功させることができました。

休校の影響であまり準備が進められない中、外国人講師の方たちの指導と自分たちの頑張りもあり、物理、化学、生物、地学、どの班もレベルの高い発表をすることができました。残念ながらホールでの発表にはなりませんでしたが、今回の研究発表は私たちにとって、とても貴重な経験であることに違いありません。この経験を将来の自分に活かせるようにしたいです。

 

2年 

島田晃誠(鴻巣市立鴻巣西中学校出身)

今回のSSH英語研究発表会では、科学探究の時間に研究していた内容を理数科3年生が英語に翻訳して発表しました。

専門的な英単語なども多く出てきて難しい研究内容もありましたが、興味深い研究が多く、有意義な時間になりました。来年は自分たちの番なので、今回の発表会を参考に、これからの研究を進めていきたいです。

 

1年 

金井塚大智(滑川町立滑川中学校出身)

理数科の先輩たちが2年生の2月に日本語で発表した研究内容を、英語で発表し、質疑応答も英語で行う英語研究発表会をZoomを利用し、教室で見ました。

どの先輩もわかりやすい図や表を利用しながら英語を流暢に話し発表しているのを見て、ただただすごいと思いました。自分も2年後にはその場所に立っていると思うと少し不安になりましたが、それ以上に期待が高まりました。

先輩たちと同じ、いやそれ以上の発表ができるように頑張りたいです。