松高日誌

松高日誌

最後まで

松高生の良いところは、何事にも全力で取り組めることです。

 

コロナ禍で、人と会えない、肩を組めない、向かい合って笑えない。やはり寂しいことです。

それでも、

「心のなかにある想いが同じならば、人はつながっていられる。」

そう生徒から学びました。離れていても気持ちは共有できるのです。喜びも悲しみも。

部活動(応援団・吹奏楽部)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

松高の3年生も、もうすぐ全員が引退となります。

何かに全力になれた経験は、大人になったとき背中を押してくれる力となります。

でも、それは大人だけが知っていることです。楽しみにしててね。

今は、最後までガンバレ!松高! 君の選んだ道を、強く。

生物部 SSH生徒研究発表会

生物部2年生が SSH生徒研究発表会に「アメリカツノウズムシの脅威とナミウズムシの保護対策」を出品しました。

例年、全国のSSH指定校が集い、自分たちの研究を発表してきましたが、今年は動画での審査となりました。

 

 

この研究をしたのは生物部2年の曽田響平くん、松井海璃くん、松本陽彩くんです。

この発表は全国のSSH指定校が出品した研究の中の上位63作品に選ばれました。

その後、Zoomを用いた質疑応答を経て二次選考が行われました。

残念ながら全国で6校が選抜される最終選考には残れませんでしたが、来年度に向けて期待の持てる結果となりました。

PDFはコチラ

 

 

PDFはコチラ

 

生徒の感想 松本陽彩(寄居町立男衾中学校出身

私たちはSSH生徒研究発表会に参加しました。コロナウイルスの影響で、ポスター発表を撮影し、質疑応答はZoomを用い、慣れないことが多かったのですが、やり遂げることができました。

このアメリカツノウズムシとミナミウズムシの研究は生物部の仲間と顧問の先生方の協力あってできました。また、全国の高校生の発表は大変参考になり、良い刺激をもらいました。今後も、多くの高校生と交流を深めていけたらなと思います。

質疑応答を通して選考委員の先生方からたくさんのアドバイスをいただき、研究の改善点が多くみつかりました。今後、新たな実験を行い、データを加えてより良い発表をしたいです。

数学Ⅰ・Aの授業

 1年1組(特進クラス)の数学Aの授業の様子です。

 単元ごとに複数時間の授業がまとめられていて、この時間では最初に目標(全員がわかること)の再確認と現在の課題の進み具合が示されます。

 そのあとに、「なぜ主体的・対話的で深い学びが求められているのか」、「今のクラスのいい点・課題は何か」が話された後、生徒各々が立ち上がりそれぞれ場所や学び方を選んで課題に取り組み始めます。マスク着用・対面にならないなどの感染症予防に気を配り、周りの人を不安にさせないことを条件に、教え合いも可としています。

 

 黒板では、数学Aの組み合わせに取り組んでいます。

 提示した課題では、$$ _nC_r=_nC_{n-r} $$が成り立つ理由を、具体例を示すことで"納得する"ことを求めていたのですが、やはり証明が気になる生徒もいて、悪戦苦闘しながら証明を進めています。

 

 図書館でも窓を開け、仕切板を設けて、1つの机に2人までなどの対応をとっています。

 2,3人のグループでわからないと、別のグループに聞きに行くなどがそこかしこで行われ始めます。

 各自の判断で教室、廊下、大会議室、図書館などに分散して学んでいると、「散り散りになって、誰が何を取り組んでいるのか把握はどうしている?」と気になるかと思いますが、Googleのスプレッドシートで各自の課題進捗状況がわかるようにしています。

 スプレッドシートは以下のような形式となっていて、お互いに共同編集ができるようになっています。

 「〜がわかった」「◯◯に聞いた」などの振り返りに教員がコメントをしていますが、これは他の生徒も見ることができます。「△△の説明がとてもわかりやすかった!ありがとう!」などのコメントも見られるので、授業時数が進むに連れ、教員に聞くよりも生徒間の交流の方が多くなっていきます。

 

 なお、タブレット端末の消毒に、松高OBの方々からいただいた除菌シートを利用しています。いろいろな方々の支えがあって、できる限りの安心・安全の環境が整えられています。

第2回オンライン学校説明会・個別相談会

8月29日(土)に第2回オンライン学校説明会・個別相談会が行われました。

ご参加いただいた中学生、保護者の皆様、ありがとうございました。

写真は個別相談の模様です。

コロナ禍でも、今できる方法を駆使しながら、今後も説明会などを行っていきます。

是非、松高HPをこれからもチェックして下さい!

三者面談週間です

 

全学年で三者面談が続いています。
生徒たちの学校での様子、授業やテストの結果をお知らせしたり、来年度に向けて選択科目の確認をしたり、入試に向けての学習の様子や志望校の相談をしたり、ご家庭での様子を教えていただいたり・・・。
各クラスでそれぞれのご家庭のお話を伺っています。
暑い中お時間を作り、ご来校くださった保護者のみなさん、どうもありがとうございます。