松高日誌

松高日誌

SSH英語研究発表会クラス内予選

5月31日(月)英語研究発表会のクラス内発表がありました。

 

英語研究発表会は今年2月に実施した生徒研究発表会で発表した研究を英訳し、英語でプレゼンするものです。

発表終了後、各科目に分かれて講師の先生に指導していただきました。

そして英語のネイティブスピーカーの方や本校職員、生徒の評価により、以下の黄色で網掛けされている8本が選ばれました。

 

これらの発表は6月5日(土)に東松山市民文化センターで開催予定の英語研究発表会で発表します。また、すべての研究はポスターセッションで発表します。

 

関東大会への壮行会が行われました

中間考査の最終日の5月26日(水)に、関東大会への壮行会がリモート形式で行われました。

 ソフトテニス部  第72回関東ソフトテニス選手権大会(個人)  熊谷市

          令和3年度関東高等学校ソフトテニス大会(団体)宇都宮市

 陸上競技部    関東高等学校陸上競技大会           川崎市

 柔道部      第69回関東高等学校柔道大会(団体)     甲府市

 剣道部      第68回関東高等学校剣道大会(個人・団体)  上尾市

 

 校長からは、「関東大会を目指しながらも涙をのんだ多くの人たちにも思いを寄せてほしい」、「ベストを尽くして、勝負に勝ってきてほしい」旨の言葉があり、本校同窓会からの激励費が各部に授与されました。

 生徒会長の激励の言葉に続き、中庭で、応援団と吹奏楽部によるエールと本校第一応援歌『空は晴れたり』が披露され、選手たちの心に、熱い想いを届けました。

SS科学探究Ⅰ 化学分野

5月19日(水)理数科1年生対象にSS科学探究Ⅰの授業で化学分野担当小倉先生の講義がありました。

 

これから始まる 探究や研究についての講義がありました。

 

生徒の感想 伊藤佑歩(坂戸市立千代田中学校出身)

今日のSSH科学探究Ⅰでは、小倉先生から化学の研究の仕方を教えていただきました。また、研究に失敗しないためのコツなども教えていただきました。
この講義では、化学は今までできていたことをさらに簡単にするためにはどうすればいいのか、といった研究内容の決め方や、物理や生物と比較した化学の位置づけ、化学の研究で行われた実験の前例などを学びました。この講義により化学分野に関わらず、全体としてどのように研究を進めていけばいいのかを知ることができました。特に、「段階的に研究を進める」ということが大事だと思いました。この講義を、無駄なものにしないように今後の活動に生かしていきたいと思います。

調理実習目指して‼

エプロン製作のようす

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『自立』に向け、1学年では家庭基礎を学びます。

今日は衣生活分野で、松高特注エプロンを仕上げました。

『自立のための裁縫』をテーマに、ボタン付けとアイロンがけと裾上げを。

コツを知り、裁縫が苦手という生徒も上手に仕上げました。

自分の事は自分でやる。自立に向け一歩前進。

 

このエプロンを着て調理実習できる日を楽しみに。

SS科学探究Ⅲ 校長先生訪問!

6月5日(土)に東松山市民文化センターにて英語研究発表会が予定されています。(去年の様子

その発表会に向けて3年理数科の生徒たちが外国人講師の方に指導をしていただいています。

校長先生も陣中見舞いに来てくださいました。

英語研究発表会は理数科生徒にとって、SSHの総まとめの場となります。

今までの研究成果を発揮することを期待しています。