松高日誌

松高日誌

雨天の体育祭

本日松山高校では体育祭がありました!

朝起きた時、空の雲の厚さはなかなかのものでしたね

なんとかこのまま耐えるかと思いきやの岩鼻公園、雨

そんな中でも流石は松高生、体育祭決行!痺れますね

 

雨の中生徒のために水を払ってくださってます!

開会式での校長先生からのお話で『松高生にあいにくの雨はない』とのことでした。流石の一言に尽きます。

雨となるとあいにくなどと、表現をしますが、それは気持ちの持ち方次第。やると思えばやれる。目が覚めました。

雨のなかの開会式

 

みなさんが、一生懸命戦った写真を載せます!

雨の中の体育祭

令和4年10月6日(木)、第75回体育祭を東松山市岩鼻運動公園の東松山陸上競技場で開催しました。

2800mリレー
▲2800mリレーのスタートの様子

 

雨天での開催で、予定通りの種目を実施することはできませんでしたが、それぞれの生徒が力を出し切る活躍をしていました。

準備体操
▲競技前の準備運動の様子

走り幅跳び
▲走り幅跳びの競技風景

100m走
▲100mの競技風景

 

特に大縄跳び2800mリレーなどクラス対抗の種目は特に盛り上がりました。

 大縄跳び(1年)大縄跳び(3年)
▲大縄跳びの様子

 

優勝クラスは・・・と言いたいところですが、まだ競技は終わっていません!

昨日の記事でも予選の様子をお伝えした綱引きを含め、実施していない競技がいくつかあります。
今後時間を見つけて行っていくとのことです。

片付けの様子
▲雨天のため実施できずに片付けられる走り高跳びの器具

 

まだまだ勝敗はわかりません。結果はHPなどでお知らせしていきます。
松高生の活躍にご期待ください!

リレーの様子
▲2800mリレーの競技風景

 

最後に雨が降り寒いの中、応援にお越しくださいました保護者の皆様、ありがとうございました。 

明日は体育祭!

本日は午前中が通常授業、午後が体育祭の予行と綱引きの予選が行われました。

天候に恵まれませんでしたが、熱い戦いが繰り広げられていました!!

【綱引き決勝進出クラス】

1ー1、1-7、2-1、2-7、3-3、3-6

 

明日(10/6)、岩鼻運動公園の東松山陸上競技場にて、体育祭が行われます。

天気は良くない予報ではありますが、無事に開催できることを願っております。

【2年特進クラス】No.31 月7松高塾(数学)

 ー生徒のコメント(数学の勉強法について)【※匿名(三芳町立三芳中出身)】 ー

「数学は才能」と言っている人をまれにみかけるが決してそんなことはないと思う。数学は量が大切だ。例えば、自分の中に100個の知識があるなら簡単な問題は1個や2個の知識で解ける。しかし、難しい問題になると6個や7個の知識が必要になる。さらに、どの問題がどの知識を使うか見極められるかも量をこなして身に付けられる。問題をひたすら解き、答えまでのアプローチの仕方まで完璧に理解できるようになれば数学のガチプロになれるだろう。

 月曜7限の時間に「月7松高塾」として、特進クラス2年生のみを対象とした補講(基本的に参加)が行われています(来年度以降の2年生、は月曜7限は通常授業となります)。

 今年度の2年1組では、「国語・数学・英語」から各自が1つ選択をし、通年で少人数講座を展開しています。

 「数学と英語」は教員3名で担当し、週や時期ごとに異なった教員が指導しています。

 「国語」では少人数の利点を活かし、教員1名が通年でゼミのような雰囲気で赤本を解く講座を進めています。

  

 今回は数学の講座にお邪魔しました。

 「数学」では予備校の過去問を用いて、普段は扱うことのできないような問題を1分野に2時間(2週間)をかけて取り組んでいます。

 この日の担当者は、デジタル教科書や電子黒板を駆使し、生徒との対話を大切にした授業が展開されていました。

 2週間おきに講座担当者が変わるので、良い緊張感を持ったまま講座を受けられています。

 

 2年1組は普段の松高塾の参加率も、(おそらく)1,2学年の中で1番高いので(国語や英語で講座の全員や大半を2年1組の生徒で締めている講座や、3年生対象の世界史講座に出ている生徒も複数います。)、自分の意志を持って学習に打ち込めている様子が伺えます。

【理数科】探究Ⅰ生物 夏休み課題探究口頭発表

9月28日(水)探究Ⅰ生物分野で、夏休みの課題だった「ハツカダイコンを使った探究」の口頭発表を行いました。

探究Ⅰ生物分野では、夏休み前にハツカダイコンの種を20粒ずつ生徒に配布し、これを使って自由に探究する課題が出されていました。その発表会を9月26日(水)の5時間目に行いました。

 

 

 

ハツカダイコンの種を探究をするにあたって、生徒に伝えたことは以下の3点です。

・実験は1つのパラメータだけを変えて行うこと。

・小学生レベルの実験でも良いが、それを深めた物にすること。

・アイデア勝負!面白いアイデア待ってます!

 

生徒たちは光量や水、葉の枚数などのパラメーターを変化させ探究していました。

中にはハツカダイコンの種を追加で購入し、さらに実験をした生徒がいた一方、発芽させただけで枯らしてしまい、何の結果も出せない生徒もいました。

イキモノを扱う探究では、実験の内容だけでなくそのイキモノの管理も大切だということが分かったのではないでしょうか。

 

 

評価表は2月の研究発表会と同じ書式で行い、本番さながらの雰囲気でした。

 

実験の結果を数値化して判断させ、データサイエンスにもつなげていけそうです。

【生物部】「農業・環境・自然」高校生体験活動

8月から11月にかけて全5回、総合教育センター江南支所主催の「農業・環境・自然」高校生体験活動が開催されていて、松山高校からは生物部の5人が参加しています。

 

9月25日に第3回の活動があり、埼玉大学で講義「川の水に潜むカビ臭をつくる藻類をPCRで探す」を受講し、その後PCRの体験をしました。

松山高校生物部は普段の活動でもPCRを使うことが多いので、操作自体はお手の物だったのではないでしょうか。

 次回は10月2日(日)に三ッ又沼ビオトープで実習があります。

 

生徒の感想 門間大和(小川町立西中学校出身)

 私は埼玉大学で9月25日に行われた「農業・環境・自然」高校生体験活動に参加しました。今回の体験活動では、ポリメラーゼ連鎖反応、いわゆるPCRについて勉強してきました。そこで2-MI3という藻類が出す臭いが、どの物質との化学反応でできるのかを組み合わせを明らかにする方法を学びました。実験を通してPCR法の仕組みやそれに関わる知識、PCR法を行うための技能が身につきました。今回学んだことを部活や勉強などに活かせるように努力していきたいです。

 

前期最終日。

本日は前期の最終日のため、全校集会と表彰式・壮行会が行われました。

生徒は体育館での様子を、オンラインで教室で視聴しました。

前期の成績表を確認し、後期も目標をもって取り組みましょう。

 

夕方の自習室

気が付けば日が短くなってきましたね。

 

夕方自習室に目を向けると当然のように明かりが。

 

放課後勉強に励む松高生が多くいます。

特に3年生。受験勉強真っ盛りです。

 

自分の進路実現に向けて突き進みましょう! 

頑張れ松高生!

 

【化学実験】蒸留

9月27日(火)1年生で赤ワインの蒸留実験をしました。

1年生にとっては初めての化学実験です。

マッチの使い方の練習

 

赤ワインを蒸留してエタノールを抽出します。

 

抽出したエタノールを耐熱性のテーブルの上で燃やしました。