松高日誌

松高日誌

部活動訪問記①

今日は、美術部を訪問しました。

部員11名穏やかな雰囲気のなか、秋にある文化祭とコンクールに向けて制作中とのことです。

ある部員が、以前制作した作品を見せてくれました。

美術部 部員の作品

部員のコメント「美術部は新入部員いつでも大歓迎です!!!!」

顧問のコメント「ものづくりが好きな人、ぜひ遊びにきてください!!!!」

 

絵を描けるって才能ですよね。

これだけ真剣にやっている姿を見ると、私も創作意欲がわいてきます。

なかなか外出も憚られますし、なかなか梅雨も明けません。

この機会に始めてみても、、、?

 

美術部のみなさんには、すばらしい才能を思う存分発揮してもらいたいです。

他の部活動も、工夫しながら頑張っています。

部活動を引退するときに、どれだけの大切な思い出ができているか、楽しみですね。

これから、だんだん暑くなってくるでしょう。

夏もガンバレ、松高!!!

探究Ⅲ 英語研究発表会準備 【SSH担当より】

理数科3年生の探究Ⅲの授業では、8月1日(土)に予定されている英語研究発表会に向けて準備をしています。

各研究グループごとに、外国人講師の方から英語での発表の仕方やプレゼン原稿の添削などの指導をしてもらっています。

コロナによる休校の影響で、一時は発表会の開催が危ぶまれましたが、会場や発表形式を変え、時期をずらして発表会を開催できることになりました。

生徒たちはより良い研究発表に向けて日々努力しています。

感染予防対策として【理数科担当より】

理数科2年生の授業では新型コロナ感染予防対策としてホワイトボードを活用しています。

化学の授業では、先生の質問に生徒がホワイトボードに答えを書いて掲げていました。

【問】1mol/L塩酸10Lの中和に必要な0.5mol/L水酸化ナトリウム水溶液は何Lか?

【答】(↓生徒がホワイトボードに書いています)

正しい答えが書けているでしょうか?

7月12日に判明した埼玉県の新型コロナ感染者は30人を超えています。

松山高校では感染症対策に配慮しながら授業を進めています。

 

本日の探究活動

3年生の理数科が英語発表会の準備を行っていました。

フェイスシールドを装着したり、ソーシャルディスタンスを徹底したりと

感染症対策をした上で、今までの成果をまとめています。

 

発表会まで1ヶ月を切りました。最後の追い込み頑張ってください!

科学探究Ⅰ<物理>【SSH担当より】

7月1日(水)6時間目に理数科1年生の科学探究Ⅰの授業で物理分野に関するオリエンテーションを実施しました。

物理担当の青木先生より、まず高校で学ぶ物理について説明がありました。

その中で、物理の世界の言語は数学であり、数式を使って自然現象を表しているので、物理を学ぶ上では数学を使いこなすことは不可欠だ、という話がありました。

そして「課題研究とは何か?」についての話の後、水素ボンベを使った実験をしました。

水素が入ったボンベと、水素を出し切ったボンベの重さを比較し、軽くなるのか、重くなるのか、変わらないのかなどを、予想したのち、実際にそれぞれの重さを測りました。

そして

・なぜこの結果になるのか

・なぜ予想を間違えたのか

・必ず(どんなときも)この結果になるのか


などを考察しました。

 

ただ予想が合っていたかどうか?だけではクイズになってしまいますが、こうして考察することが探究の第一歩になります。

生徒の感想 伊藤銀河(朝霞市立朝霞第五中学校出身)

物理とは数式を使い自然現象を表すこと。それにあたって数学を自在に扱える能力が必要である。研究のプロセスは、疑問を生み、それについてどうしたいか考え、仮説、計画を立て、実験を行う。そして結果をまとめ考察する。これらが講義の大まかな内容だった。

私はこの講義を経て、物理学というのは、化学、生物、地学とは違い、理科全般の知識を使うということが分かった。それに加え、様々な数式を使うため、数学も使えないといけない、ということもわかった。大学では同じ物理学でも、教授によって学ぶことが大きく変わるらしい。だから大学選びは慎重に行おうと思った。