松高日誌

松高日誌

【図書館】生物基礎おススメ本

1年生が使っている新しい生物基礎の教科書に、おススメ本として何冊かの本が紹介されています。

それらの本を集めたコーナーが図書館にあります。

 

漫画「はたらく細胞」もおススメ本として紹介されていて、それは漫画コーナーにあります。

 

図書館には様々な本があり、それらは皆さんの知識欲を大いに刺激してくれることでしょう。

新入生の皆さん、そして2年生3年生の皆さん、ぜひ図書館に足を運んでみてください。

1年生 進路ガイダンス 学習法オリエンテーション 校歌応援歌練習

本日、1学年は、

1限・・・進路ガイダンス

2,3限・・・学習法オリエンテーション

放課後・・・校歌応援歌練習

の日程でした。

集会は長い時間にもかかわらず、よく話を聞いていました。

 

校歌・応援歌練習は、本日は6~9組でした。

先輩のご指導の下、よく歌えるようになって終了できました。

 

校歌・応援歌練習はあと1日ありますが、1年生にはぜひ最後まで頑張ってほしいです!!

【学校行事】4月11日 対面式

 

本日は対面式を行いました。

昨年度もコロナ感染症によりリモートでしたが、

今年は久々に校庭で行うことができました。初の3学年そろっての顔合わせです。

今年も松高をよろしくお願いいたします。

 

【学校行事】令和4年度第100回入学式

本日は令和4年度第100回入学式が行われました。

天候にも恵まれ、まだ桜もきれいに咲いている木も見られる素敵な日でした。

保護者の方については、感染症対策のため生徒1人につき1名の出席に限らせていただき、式場内での座席も指定させていただいての実施となりました。ご理解とご協力に感謝申し上げます。ありがとうございました。

320名の新入生のみなさん、入学おめでとうございます!

 

【SSH】全校発表会

3月23日(水)オンラインでSSH全校発表会を実施しました。

2月に実施された生徒研究発表会で評価された2本の研究と、保健委員による研究1本を全校生徒に向けて発表しました。

 

「アメリカツノウズムシの眼のない(ヘッドレス)の光走性」佐藤琉晟くん。

 

 

 「水車の形状による発電」 古賀雄成くん、密石匠悟くん、星野快吏くん。

「災害に備える」三井圭太くん。

司会は中野律久くんです。

質疑応答も質疑応答も活発に行われ、有意義な発表会となりました。

 

【生物部】日本ジュニア農芸化学会

3月16日(水) オンラインで開催された日本ジュニア農芸化学会に生物部の3人が参加しました。

 

 

今回の学会は、事前に研究発表の動画を送っておき、それについての質疑応答が1時間設定されています。

質疑応答はSpecialChatという仮想空間をイメージしたアプリを使って開催され、ポスターの前に参加者のアイコンが集まってきて他の人の質疑応答を聞けたりと、実際に学会に参加しているような雰囲気でした。

 

松山高校からは佐藤琉晟くんが「アメリカツノウズムシの眼のない(ヘッドレス)の光走性」、山崎青空くんが「ナミウズムシとアメリカツノウズムシの雑種の発見とこの雑種のミトコンドリアの両性遺伝」、築根遼くんが「雄と雌のミトコンドリアCO1を用いたカラスガイ族の交雑種の検出」の発表をしました。

 大学の先生や他校の生徒から多くの質問がありましたが、生徒たちは堂々と答えていました。

生物部では研究好きの生徒たちが日々研究を進めています。

生物に興味のある新入生はぜひ生物部に!

 

生徒の感想 佐藤琉晟(川越市立福原中学校出身)

今回のジュニア農芸化学会は今までのオンライン発表とは少し異なり、先に発表の動画を見てもらって、当日は研究についての質問をして議論をする、ポスターセッションの似たような形でした。私は今回の大会に向けて、質問用のスライドを30枚ぐらい作成しました。そのおかげか、質問に対して適切なスライドを出すことができ、大学の先生から面白いとも言ってもらえました。今回の大会は金・銀・銅の賞がありましたが、残念ながら取ることができませんでした。しかし、たくさん出た質問はこれからの発表に生かせるので今後、賞をとれるように頑張っていきたいです。