松高日誌

松高日誌

土曜松高塾 1年生 希望クラススタート

深田 亨君(さいたま市・宮前中出身)のコメント
【私が土曜松高塾を希望した理由は、学力の向上を目指し第一志望の大学に入り、将来の夢を叶えるためにそのサポートをしていただける松高塾に入ることを決めました。松高塾では普通科の授業では習わないような大学入試対応の応用問題を主に行っています。「自分の学力を向上させたい」などの意欲のあるにはとても良い制度だと思います。まだ、通学など慣れないこともありますが、部活と勉学を両立できる「文武不岐」を目指して頑張っていきたいです。】

ソフトテニス部 インハイ予選(個人)結果

福嶋直輝君(1年 深谷市・幡羅中出身)のコメント
【僕達は、県予選の個人戦で準優勝という良い結果でインターハイ出場を決められたのでとても嬉しい気持ちでいっぱいです。しかし、今大会で僕達は改善すべき点がたくさん見つかりました。改善すべき点をこれからの練習で見直して、頑張りたいです。そして、7月下旬に行われる高校生最大の大会「インターハイ」で自分たちのテニススタイルを貫き通せるよう精一杯頑張りますので、応援よろしくお願いします。】  
   
*写真は、関東大会時のものです。(左が福嶋君・右が井山君)
インターハイ出場選手(埼玉県から8ペア参加)
2位 福嶋(1年)・井山(1年)ペア
3位 飯田(3年)・加藤(3年)ペア
5位 永田(3年)・浅見(3年)ペア
5位 矢島(2年)・田中(2年)ペア

教育実習生メッセージ ?

管 恭平さん(熊谷市・妻沼東中出身)のメッセージ
【私は、教育実習を始める前から不安を感じていました。本当に私が教壇に立って、生徒に数学を教えられるのだろうかとプレッシャーを抱えていたからです。しかし、松山高校の生徒は、とても飲み込みが早く、コミュニケーションが取りやすかったです。私のおぼつかない授業にも、必死になって耳を傾けてくれました。この3週間失敗ばかりでしたが、生徒と過ごした日々は、実りあるものだったと感じています。短い間でしたが、ご指導くださった先生方、本当にありがとうございました。《担当教科:数学》】
 
 
橋本達哉さん(日高市・高萩北中出身)のメッセージ
【とても充実した3週間でした。最初は3週間しっかりと実習を行えるのか心配でした。しかし、実習が始まると忙しさで心配を感じる暇もありませんでした。また、その中で教師の楽しさを感じることもできました。授業を行う中でどういう教え方をすればよいか悩みながら自分の成長を感じることができたのも楽しかったです。この実習の中で得られたものを活かせるよう努力していきたいです。最後に終始丁寧にご指導くださった先生方、真剣に授業を受けてくれた生徒の皆さん、本当にありがとうございました。《担当教科:数学》】
      
福島 孟さん(東松山市・白山中出身)のメッセージ
【私は教育の考えとして『学ぶということは新しい自分になる』と言うことを軸にしています。新しい分野の問題を解く前と解いた後では新しい自分に変わっているということです。教師として生徒に教えることはそれほどまでに大切なことなのだと思います。50分間の授業の中で生徒をどれだけ新しい自分に変えられることができるかが私の実習中の課題でした。教師として生徒に教えることは難しいことであること、そして生徒に教えることのやりがいも感じた実習でした。生徒のみんなを私は変えることができましたか?そして私自身も新しい自分になれるように、今を大事に学んでいきたいです。ご指導くださった先生方、そして、1年3組のみんな、本当にありがとうございました。《担当教科:数学》】

ソフトテニス部 インハイ(団体)県予選結果

関口祥平君(3年 東松山市・南中出身)のコメント
【僕達ソフトテニス部は、6月12日に行われたインターハイ予選の団体戦で優勝し、9年ぶり24回目の団体戦でのインターハイ出場を決めました。
 インターハイ予選では、ベスト4まではトーナメントで決め、そこからは、リーグ戦です。リーグ戦では、熊谷工業高校に3−0、川越東高校に2−1、上尾高校に2−1で全勝優勝しました。インターハイでは入賞を目指し頑張りますので、応援よろしくお願いします。】
*写真は表彰式後、応援にかけつけたOBなどと一緒に記念撮影しているところです。