図書館日誌

新規日誌1

「発掘ってすごい!」コーナー

図書館の新着本の中で話題なのが「恐竜まみれ」。

著者の小林快次さんは世界中で恐竜の発掘を行い、北海道で発掘された「むかわ竜」は

日本初の全身骨格標本として展示されています。

そんな発掘の様子を知ることができる本を集めて「発掘ってすごい!」コーナーを作りました。

「恐竜まみれ」と、むかわ竜発掘の記事が載った朝日新聞

松高で発掘と言えば、忘れてはならないのが「野尻湖発掘調査団」。

市民参加の発掘は57年間も続いているそうです。

これに参加しているのが理科の加藤禎夫先生。

発掘の記録は『野尻湖のナウマンゾウ』という本にもなっています。

読むと参加したくなるかもしれません。

このコーナーは今月末まで展示します。

0

数学の授業


 2年生の数学の授業で図書館を使っています。
 1問ずつ問題を解いていき、全問クリアをめざしています。
 
   

  教えあって解いていく人も1人で頑張る人も。
  
  くつろいでいるようですが(?)
  ちゃんと一緒に勉強中。

  
  
  もうすぐ期末テスト。
  みんな頑張ってね!
0

7月6日の進学講演会にむけて


 7月6日(土)には、現役東大生ライターの西岡壱誠氏を迎えて
 進学講演会が実施されます。

 図書館にある西岡氏の著書などを集めて
 小さいコーナーを作りました。
 
   

  漫画「ドラゴン桜2」への情報提供も、
  西岡氏を含むチームがしているそうです。

  講演を聴いて、本も手にとってもらえるといいな。
0

1年生ビブリオバトル・クラス予選


 1年生国語総合の時間に行われたビブリオバトルを見学しました。
 24日・25日はクラス予選。5~7人のグループに分かれ、
 全員がおすすめ本を紹介します。

 
 
 
 紹介時間は1人3分。タイマーを使います。

 
  
 小説や科学書など、いろいろな本が紹介され、興味しんしん!

 
 
 その後1分間の質問タイム。

 
 
 グループ全員の紹介が終わった時点で、
 「どの本を一番読みたくなったか」を 1人1票で投票(指さし)し、
 一番多く票を集めた本が「チャンプ本」に決定します。

 
 
 
 見学したクラスはどこも盛り上がり、楽しそうでした。

 7月の期末テスト後にクラス決勝があり、クラスのチャンプ本決定!
 その後学年決勝で各学年のチャンプ本が決まります。
0

コーナー紹介②ビブリオバトル


 1・2年生の国語総合の授業では、ビブリオバトルを実施しています。
 ビブリオバトルとは、「本を知り人を知る、知的書評合戦」。
 
 松高でのルールは以下の通りです。

 ①自分が薦めたい本を持ち寄る

 ②3分でその本を紹介する

 ③1分間の質問タイム

 ④参加者全員が紹介し終えたら、「どの本を一番読みたくなったか」で投票し、
 最多票の本を「チャンプ本」に認定
 
 クラス予選やクラス決勝を経て
 夏休み前には、各学年のチャンプ本が決まる予定です。

 



 図書館では過去のチャンプ本や、ビブリオバトルを扱った本、
 先生や司書おすすめの本などを展示中です。
 今年のチャンプ本は何かな?

 
 
0