剣道部ログ

新しいブログ

水田三喜男旗争奪選抜高等学校剣道大会

2月1日(土)~2日(日)

城西国際大学にて開催された「第19回水田三喜男旗争奪選抜高等学校剣道大会」に参加してきました。

 

1日目は練成会。

北は青森、南は熊本まで、全国各地から強豪校が集まり、練習試合を行いました。

韓国からも選抜チームが来日し、ともに切磋琢磨しました。

 

本校は小牛田農林(宮城)、山形工業(山形)、習志野、館山総合、千葉黎明、茂原北陵(千葉)、滝川第二(兵庫)、阿蘇中央(熊本)、韓国選抜(韓国)と練習試合をさせていただきました。

~練習試合の様子~

 

本日のテーマは「課題技で勝負の機会を作り出す」です。

得意技ではなく、敢えて苦手としている技や身につけたい技で勝負をしたため、なかなかうまくいかず、選手も試行錯誤しながらの試合となりました。

 

「できないことをできるようにする」

 

これが、成長するためには不可欠です。

本日試合をしていただいた学校から多くのことを学ばせていただきました。

 

 

2日目は大会。

韓国選抜を含め、全国から54校(男子)が出場し、予選リーグ、決勝トーナメント方式で試合が行われました。

本校は小牛田農林(宮城)と慶應義塾(神奈川)と同リーグとなりました。

小牛田農林は宮城県全国選抜代表、慶應義塾は神奈川県ベスト8の強豪です。

 

結果は、

小牛田農林に0-1で負け

慶應義塾に3-2で勝ち

リーグ2位となり、予選リーグ敗退となりました。

良かった点、悪かった点ともに発見でき、今後に活かせる試合となりました。

今後は「接戦を制する」ことができるように稽古を積み重ねていきたいと思います。

 

2日間で試合をして下さった学校の皆さん、ありがとうございました!