物理部

物理部

物理部自作ゲーム発表会

 8月23日(火)部活動で制作したゲームの発表会を実施しました。1年生は独学で初めて制作したゲームを、2年生は昨年度の経験を生かしたゲームを発表しました。評価項目は、①グラフィック、②操作性、③難易度の設定、④発想力、⑤プレゼンテーションの5項目です。これらを生徒同士で評価し、改善点をコメントしあうことでより楽しいゲーム作りに生かしていきます。また、他の生徒の作品から新たなヒントやプログラミング技術も学ぶこともできます。これらの作品は文化祭当日物理部の発表場所でプレイすることができるので是非文化祭に来て、遊んでみてください。お待ちしています。

上位作品のプレイ映像です。ご覧ください。

第1位 イライラCAR(2年 小島)

第2位 Not Stamp Yes jump(2年江野)

第3位 WALKING CORPSE(2年伊藤)

 

第4位 300秒チャレンジ(1年小林)

かわいい作品(1年 板田)

東洋大学理工学部主催 山車ロボットコンテスト講習会

 8月20日(土)東洋大学理工学部川越キャンパスで「山車ロボットコンテスト講習会」が開催されました。本校からも4名の生徒が参加しました。11月ウエスタ川越で実施される山車ロボットコンテストに向けて、東洋大学理工学部機械工学科教授山川聡子先生にコンテストの競技やルール、ロボットのプログラミングについて学んできました。コロナウィルス感染のため3年ぶりの講習会でしたが、やはり対面での実施で、より細かなところまでご指導いただきました。この経験を活かし、コンテストに向け頑張っていきます。

    講義する山川先生        プログラミングをする生徒        講義を聞く生徒たち

令和2年度、令和3年度活動実績

1 情報オリンピック 敢闘賞(1次予選通過者)

  小澤昌紀君、千野祐一君、中里洸太君、松川稜君

2 拓殖大学工学部主催ORENGECUP2020 入選 中里洸太君

3 東洋大学理工学部機械工学科主催 山車ロボットコンテスト

 (1) 令和2年11月 最優秀技術賞【優勝】

  浅田陽路君、鈴木京太郎君、長澤悠太君、生田翔惟君、上原悠人君

                 [参加した生徒とロボット]

 (2) 令和3年11月 審査員特別賞【東洋大学機械工学科同窓会賞】

   上原悠人君、生田翔惟君、長澤悠太君

4 ロボカップジュニア

 (1) 2021埼玉ブロック大会ワールドレスキューライン部門

   埼玉県教育委員会教育長賞【最優秀インタビューチーム】

   大畑晶暉君、久須美颯大君、小澤千尋君  

 (2) 2022埼玉ブロック大会ワールドリーグレスキュー部門

   インタビュー賞

   上原悠人君、生田翔惟君、長澤悠太君、

5 SSH全国生徒研究発表会

  ポスター発表(神戸) 学校代表 大貫尚記君

 

拓殖大学主催オレンジカップ 荒井大輔君 2年連続で「準優秀賞」を受賞

 今年のテーマは「こどもたちにとって、やさしく、安全で、安心な街を実現できるアイデア」を工学的な視点から考えることです。今年は、昨年を上回る366点の応募があり、その中で3年荒井大輔君が昨年に続き、上位10点に選出され、2次審査に進みました。2次審査は、8月25日(日)拓殖大学で実施されました。2次審査は上位10点に選ばれた作品の製作者と拓殖大学の先生方の前で、自分のアイディアをプレゼンテーションして審査されます。審査員の質問にもてきぱき答えていましたが、結果は準優秀賞となりました。荒井君の作品「監視キャラ」は拓殖大学オレンジカップのホームページにも掲載されております。是非一度ご覧ください。

 

アンプレット通信研究所所長 根日屋英之先生から「人体通信」についての講義を受けました。

 8月19日(月)アンプレット通信研究所所長 根日屋英之先生から「人体通信」についての講義を受けました。根日屋先生は東京大学などで教鞭をとられたこともあり、NHKのサイエンスゼロにもご出演されている著名な方です。本校生徒が興味があるということでお忙しい中、ご来校いただき「人体通信」とはどのような技術なのか、高校生でもわかるようとても丁寧に講義していただきました。

 根日屋先生の多彩な経歴やこの技術の理論や必要性・将来性についてのお話に時間はあっという間に過ぎてしまいました。生徒たちは、大変感銘を受け、「将来この研究分野に進みたい」と考える生徒もおり、講義終了後も質問に訪れた生徒に大変丁寧に対応していただきました。根日屋先生ありがとうございました。

根日屋英之先生(中央)と本校職員・生徒

情報オリンピック レギオ(プログラミング講習会)参加しました。

 7月27日(土)、8月3日(土)東洋大学川越キャンパスで実施された情報オリンピックレギオに5名の生徒が参加しました。9 時30分から16時30分まで与えられた課題のプログラムをC++でつくりました。12月に実施される情報オリンピックに向け、大変有意義な時間を過ごすことができました。

 

高大連携 東京電機大学を訪問し、理工学部田中慶太先生の講義を受けてきました。

 8月3日(土)高大連携でお世話になっている東京電機大学を約30名の生徒と訪問しました。オープンキャンパス当日ということもあり、いろいろな研究室などを見学することができました。午後は理工学部准教授 田中慶太先生による埼玉発(初)超小型IoT衛星HATOSATプロジェクト」の講義を受けました。先生が携わる人工衛星打ち上げに向けてのプロセスなどについて丁寧にわかりやすく説明いただきました。田中先生には、毎年本校の課題研究やロボット製作などいろいろな研究でご指導をいただいています。生徒たちが気軽にする質問にも真摯に丁寧にお答えいただき、田中先生はもちろんですが、高大連携でお世話になっている東京電機大学の方々には本当に感謝しております。

 今回の高大連携では、昨年に続き、北坂戸駅前で実施される東京電機大学理工学部教授柏崎尚也先生を中心にボランティアとして実施しているロボットレースのお手伝いにも参加させていただきました。生徒たちは子供たちを案内したり、テスト走行の説明をしたりと子供たちの笑顔に囲まれて、楽しんでいました。

 

 

東洋大学主催山車ロボットコンテスト講習会に参加しました。

 7月14日(日)東洋大学主催山車ロボットコンテストの講習会に参加しました。東洋大学理工学部機械工学科教授松元明弘先生や山川聡子先生から、11月24日(日)ウェスタ川越で実施される山車ロボットコンテストのルール説明やプログラミングについてご指導を受けました。今年こそ最高点を出せるよう頑張ってロボットを製作していこうと思います。

山車ロボットについて説明する東洋大学教授 松元明弘先生


 

平成30年度活動報告(9月~3月)

 ★ 11月11日 「山車ロボットコンテスト」 ウエスタ川越にて
   最優秀芸術賞...松山高校Dチーム 「幽霊船 号」
   審査員特別賞(JAPAN ROBOTECH社賞)...松山高校Aチーム 「HANABI 号」
   審査員特別賞(やきとりひびき賞)...松山高校Bチーム 「PENGUINロボット 号」 
 

★ 11月18日 パソコン甲子園2018結果
  2年 伊藤大翔、2年 武藤拓巳
  予選 63位/722チーム
  本戦 42位/77チーム
  総合 44位/104チーム

★ 11月21日 基本情報情報技術者試験合格
  2年 伊藤大翔

★ 12月14日 情報オリンピック予選結果
  敢闘賞 2年 伊藤大翔、2年 武藤拓巳

★ 12月16日 ロボカップジュニア北埼玉ノード大会結果
  ワールドリーグレスキューライン 優勝 松山高校物理部A(物理部1年阿井、伊藤)
                  準優勝 おがわくらぶ(物理部2年五家、佐藤、小川)
  さいたま市教育委員会教育長賞(最優秀プレゼンテーションチーム) おがわくらぶ 物理部Aとおがわくらぶの表彰の様子                                                物理部Aとおがわくらぶの表彰の様子


★ 1月13日 ロボカップジュニア埼玉ブロック大会結果
  ワールドリーグレスキューライン 準優勝 おがわくらぶ
                       2年五家洪佑、2年佐藤俊平、2年小川晴吾
  プレゼンテーション賞(レスキュー) おがわくらぶ

 

 

文化祭 大盛況でした。

 物理部では文化祭で
  ① ライントレースロボットを見よう!
  ② 宇宙ゴマを浮かしてみよう!
  ③ 錯覚イラストを見て、不思議体験をしよう!
  ④ 物理部員が作成した自作ゲームで遊ぼう!
  ⑤ 物理部員が自作したコリントゲームで賞品をゲットしよう!
  ⑥ 物理実験体験・解説コーナー
の6つのテーマで来校いただいた方々に楽しんでいただきました。
おいでくださった皆様、本当にありがとうございました。来年も楽しい実験やゲームを用意して楽しんでいただけるよう頑張りますので、是非物理部に来てください。

拓殖大学主催オレンジカップ結果

 拓殖大学主催オレンジカップのテーマは『あなたに代わって「誰か」に「何か」をしてくれるロボット』を提案することです。このコンテストに3名がエントリーをしましたが、約300点の中から2年小池竜也君が入選、2年荒井大輔君が上位10名に入り、2次審査に進みました。2次審査は大学で自分のアイディアをプレゼンテーションして審査されます。結果は準優秀賞となりました。荒井君の作品は拓殖大学オレンジカップのホームページにも掲載されております。気になる方はご覧ください。
 

山車ロボットコンテスト講習会

 東洋大学川越キャンパスで開催された山車ロボットコンテストの講習会に参加してきました。11月11日にウエスタ川越で実施される山車ロボットコンテストに向け、13時から16時ごろまで東洋大学理工学部松元先生、山川先生、山田先生のご指導のもとプログラムについて学びました。

高大連携東京電機大学見学会

 昨日に続き、今日は高大連携の一環として東京電機大学理工学部のオープンキャンパスに参加してきました。いろいろな研究室見学や実験体験を通して大学での学習内容や興味ある研究について知ることができました。午後からは昨年度1年間高大連携でお世話になった柏崎尚也先生にロボットについての講義をしていただきました。昨年の反省点などいろいろご指導いただき、有意義な時間を過ごすことができました。また、夜には東京電機大学が北坂戸駅前の祭り会場で実施しているロボットレースのお手伝いもさせていただきました。

柏崎尚也先生によるロボットに関する講義の様子

3Dプリンター講習会

 高大連携でお世話になっている東京電機大学理工学部 田中慶太先生 のご指導のもと、東京電機大学理工学部で3Dプリンターの講習会を実施していただきました。3Dプリンターを初めてみる生徒たちは、そこで造られるパーツの完成度に驚いていました。また、パーツを設計するためのソフトについても教えていただき、今後のロボット製作に生かせればと考えています。

<3Dプリンターの前で、ご指導くださる田中先生と説明を聞く生徒>

情報オリンピックプログラム講習会参加

 東洋大学川越キャンパスで実施された情報オリンピックレギオ講習会(7月22日入門編、7月29日初級編)に部員10名が参加しました。この講習会では、情報オリンピック予選参加を目指す生徒に対して、プログラミングとアルゴリズムの基礎的なトレーニングを行います 。
講習会で優秀な成績を収めた2年武藤拓巳君が最優秀賞、2年伊藤大翔君が優秀賞に表彰されました。

平成30年度物理部活動について

4月になり、新入生が入部しました。現在の部員数は
 1年生22名、2年生20名、3年生5名 合計47名
【主な活動内容と実績】
 1 プログラム班
  ・コンピュータ言語の習得(C,C++,C#など)
  ・ゲームの製作
  ・情報オリンピック参加
    昨年度 敢闘賞受賞<1年伊藤、武藤> 
  ・自作プログラムの部内発表会実施
  ・各種コンテストへの参加
  など
 2 ロボット班
  ・東洋大学主催山車ロボットコンテスト出場
    昨年度 審査員特別賞受賞<1年阿部、清水>
  ・ロボカップ レスキュー・ライン部門出場
    昨年度 
北ノード大会2位<小川、五家、佐藤、須田、村>
  ・ライントレース部内大会実施
  など
 3 SSH行事参加
  ・親子理科教室補佐、SSH研究発表会で研究発表、理数科体験授業補佐など
 4 東京電機大学と高大連携<指導者 東京電機大学 田中先生>

 
    

文化祭に向けて


9月3日(土)、4日(日)の松高祭に向け、
物理部でも準備が急ピッチで進んでいます。

今年の目玉は部員たちが自作した「自動ドア」。
例年どおり、自作ゲームの配布も行います。
ぜひ、教室棟3階物理実験室までお越しください。

文化祭

文化祭

9月13・14日に文化祭が行われました。物理部では、宇宙ゴマ(空中浮遊ゴマ)の体験、自作ゲームの展示
/体験、制作物の展示が行われました。宇宙ゴマの体験は今年から追加されたコーナーで、大変好評でした。去年よりの部員はキビキビ動けていて、お客さんの回転も良いものでした。そのほかのコーナーも好評でした。ご来校ありがとうございました!
 


物理部の活動

ようこそ、物理部へ!

 物理部は教室棟3階奥 物理実験室で活動しています 

活動時間

 基本的に平日、6時半まで

去年の活動

 ・文化祭でのゲーム制作

 ・東京電機大学と連携、班に分かれてそれぞれ制作 

 

・ロボカップジュニア出場:審査員特別賞受賞 

今年の方針

 去年と同じく、大学と連携予定

部長挨拶


こんにちは、部長の渡部です。


物理部のページにアクセスしていただき、ありがとうございます。

物理部では、文化祭やコンテストに向けてのゲームの制作や、SSH事業として東京電機大学との連携の下で電子工作をしています。


ゲーム制作は、自分でプログラムを組んで制作する班と、ソフトを使って制作する班に分かれる予定です。

 プログラムに関しては最初に基礎を学び、そこからいくつかの班に分かれて制作に取り掛かる予定なので、
 初心者の方でも大歓迎です。


東京電気大学での電子工作は、昨年の引継ぎをする班もあるので、その班に入ることもできますし、
自分で新しく班を作って電子工作をすることもできます。


物理部は上下関係が厳しくなく、まったりとした雰囲気の中で活動しています。

初めは何もできなくてもいいんです。意欲を持っていれば、私たちは大歓迎です。

興味を持っていただけたら、3階奥の物理実験室まで足を運んでみてください。