松高日誌

松高日誌

SS科学探究Ⅰ ポスター発表

2月10日(水)6限のSS科学探究Ⅰの時間に理数科1年生がポスター発表を行いました。

 

今まで研究してきた研究内容をポスターにまとめ、発表し、ルーブリックで評価しました。

 

 

これまで発表の経験を積み重ねてきたことや、先日行われた生徒研究発表会を見てからの発表だったこともあり、発表の仕方に工夫を凝らしたり、わかりやすく説明したりしていました。

 

評価の高かった発表の動画を紹介します。

 

生物分野

プラナリアの尾部の目はどこに?

佐藤琉晟 鈴木京太郎 関口 承馬 中野律久


ナミウズムシとアメリカツノウズムシの雑種形成
山﨑青空 水上太稀

化学分野
酸化チタンを用いた人工光合成

佐藤祐樹 菅原壮太 宮崎碧 沢田湧太

 


物理分野
歩くだけで発電?
金井塚大智 小瀧優空 田島要成

 

1年生はいよいよこれから本格的な探究が始まります。

 

生徒の感想 匂坂航【志木市立宗岡中学校出身】

今回は今年度の探究Ⅰ研究内容のポスター発表がありました。例年よりも期間が短い中で実験を行い、ポスターに動機から考察までを記し、放課後等で発表練習を行って今回の発表に臨みました。今回の発表を終えて、2月6日に行われたSSH生徒研究発表会での2年生の発表と、私たちのグループで行った「加工による紙の防水」の発表を比べると発表練習のところで詰めの甘さが出てしまったと思いました。特に発表者がポスターの方に目が行ってしまった点については、練習量によってカバーできるとは言え、そこに時間をおけなかったのが一番の課題と思いました。来年度は発表までの日程から何をすべきかを具体的にして、先輩たち以上のものが出来るようにしたいです。