松高日誌

松高日誌

【生物】盲斑・黄斑の実験

3年生物選択生徒が盲斑・黄斑の実験をしました。

 

私たちの視野は欠けること無くあるように感じていますが、実は見えていない部分があり、それを盲斑といいます。脳がそれを補っているので見えてない部分があるように感じることはありません。

 

 

また、色に関しても視野全体をカラフルに見ているようで、視野の端では色の認識は曖昧です。眼球の中で色を認識している部分が黄斑です。

 

生徒たちは紙の重さや比を利用して、自分の盲斑の大きさを計算したり、色を認識できる角度が限られていることを確認しました。

【挑戦者求ム!】たまつむ

保健室前の廊下に、バランスゲームの「たまつむ バランス!」が置いてあります。

 

休み時間や放課後を利用して先生や生徒たちが挑戦しています。

 

そしてこの度、17個の記録を保有していた国語科の矢野先生を破り、20個の新記録が更新されました!

(その間、18個の記録もありましたが名無しさんでした)

 

記録更新したのは2年8組の中野くんです。

 

たまつむに必要なのは摩擦と力を考慮した物理的思考?三角関数を基にした数学的思考?集中力!?

挑戦者をお待ちしています!

【松高塾】超紳士学 第2回

養護教諭の先生方を中心に始まった、今までにない松高塾「超紳士学」。

10月11日に第2回目を実施しました。

女子大学生100名が考える、男子高校生へ「出来るようになって欲しい」「わかっていて欲しい」こと第1位

「家事・育児」

について、なぜこれが1位なのか保健室の二人でその心を読み解き、「女は損で男は得かもしれない問題」をなんちゃって社会学の視点から話が始まりました。

 


家事育児について、そもそもなぜ女性の方が悩んでいるのか!?
もしかしたら社会の仕組みにあるかもしれないと、女性であるが故の賃金格差の仕組みを内閣府のデータを元に考えてみたり、性別により価値観を押し付けたり、無意識に引き受けていたりする状況がないかを考えていきました。

家事育児における良いバランスには答えが無いため、様々な年代、立場の先生方に参加していただき、色々な価値観を本音で伺うことが出来ました。

 

 

 

結婚、子育てをする中で、主語を「自分」から「家族」にして考えるようになったという話や5:5にならない中でも自分ができることを行い、お互いを感謝、尊敬しあえる夫婦の素晴らしさについて、お話して頂いた先生もいました。

 また、多くの先生から、相手と話し合うことの大切が語られました。
実際はなかなか難しいですけどね。とおまけ付きで。

講義後の質疑応答では既定の時間では収まらないほどの質問があり、生徒たちが家事や育児についても真剣に考えている様子が伺えました。

 

今日の話を聞いて1mmでも自分の中で動いたことがある?

紳士学を受けるに当たって自分で考えていた当たり前が崩れました。

第2回目も生徒の中で何か1mmは動いた方がいたみたいなので「知ることで何か変わる」可能性が示されました。

(参加された先生方の中にも将来の参考となった方がいたようです^^)

 

第3回は3年生限定で来年開催予定です。

【SSH】親子星空観察会

10月10日(日)市内在住の小学生とその保護者を対象に星空観察会を実施しました。

 

プロジェクターを使い、屋上で天文に関する学習会を実施しました。

 

 小学生に天体観測システムの説明をしているところです。

 

 

 

 

 

 

 

 

あいにくの曇天でしたが、一瞬の晴れ間に屋上から金星の姿が確認できました。 

 

次回は11月7日(日)に市内在住の中学生とその保護者を対象に実施予定です。

詳しい内容、申込はコチラです。

興味のある方は是非申し込んでみてください。

体育の授業

 松高では10月7日(木)に体育祭が行われました。

 その直前まで分散登校が行われていたため、ほとんど全員での練習ができない状況でしたが、10月2日(土)は全員登校であったため、体育があるクラスは体育祭の練習を行いました。

 どのクラスも久々の全員登校&全員での体育の授業ということで、笑顔が溢れていました。

 ↑2800mリレーの練習です。100mをクラス代表の28名で走ります。

 ↑長縄跳びです。例年だとクラス代表が全員同時に飛び、連続で飛べた回数を競います。

 今年はコロナ対応のため、八の字で連続跳びを繰り返す方式となりました。

 今年は制限のある中での体育祭開催でしたが、来年はもっと準備と練習ができることを期待しましょう!

ー生徒のコメントー【吉野 史晏(吉見町立吉見中学校 出身)】

 体育の授業では、1学期の初めから1500m走があり、それをみんなで乗り越えようととても声がけが多くされていて、そこからみんなの絆が深まっていった気がします。男子だけなので想像以上に体育の授業は盛り上がるので、僕は体育の授業が大好きです。これからは、4800m走が始まると思うのでとても苦しい時もあると思うけれど、またみんなでチーム一丸となって乗り越えていきましょう!