松高日誌

松高日誌

SS理数数学Ⅰ 出張講義

1月9日(土)SS理数数学出張講義を実施しました。理数科1年は授業形式で、特進1年はZoomを使ってリモートで参加しました。

 

講師は東京電機大学 理工学部 教授 硲 文夫先生です。

 

今回の講義の題名は「リズムのふしぎ」です。

アフリカの6つのリズムを元に、リズムのノリを数学的に分析しました。

 

 

16ビートのリズムを譜面ではなく、円の上の点に落とし込み、そこから「階差」や「幅」を数学的に表し、「離散平均」を求めることでノリの良いリズムとは?を求めました。

生徒の感想 小瀧優空(滑川町立滑川中学校出身)

今回私たちは「ノリの良いリズム」という講義を受けた。内容としては音の位置を数に置換しその数を使って計算をしていき、このリズムはどのようなリズムであるのかということを数学的観点から見ていこうという内容であった。

自分は、今回の講義を受けて学問の見方が変化していったと思う。自分は今まで一つ一つの学問に関しては全く別物であり、組み合わせることが出来ないと思っていた。しかし、講義を受けて数学と音楽という2つを組み合わせられると知り、他の学問同士でも組み合わせられるのではないかという視点になった。今後はこの視点をさらに活かしていけるようにしたい。

まつこう美術展②

 

松山高校の図書館では、美術の授業作品を展示しています!

 

 

 

今週の展示は、2年1・4組の作品です。

題材は「新たな生命の誕生」

生徒の考えた、オリジナルの生物を石粉粘土で作りました!

設定もかなりこだわっています!

図書館に訪れた際には是非、ご覧ください!

 

大学入試共通テスト(第1日程)終了!

 1月18日(月)、3年生は大学入試共通テストのデータ入力(自己採点)の日です。

 東松山では2時間ほど雪がふり、午前中は冷える日となりました。

 

 初の大学入試共通テスト、コロナ禍もあり、昨年度までのセンター試験を受けた卒業生以上に、精神をすり減らした3年生もいるかもしれません。

 しかし!大学入学共通テストは、入試シーズンにおいてはまだまだ序盤です。

 これから本格化する私立の一般選抜、国公立の2次(個別)試験に望む3年生は、最後まで諦めることなく、ベストを尽くしてくれることを願っています。

ありのままでいること。

1年生の国語の授業では、文章を書く表現力を鍛えるさまざまな取り組みをしてきました。

その一環で、今日は3分間のこんな取り組みをしてみました。

「雲に住んでいるあなた。雲から落ちないコツを教えてください。」

生徒の答えをいくつか紹介します。

・雲の端を曲げてお皿みたいにする。

・小さくなったらタバコから煙を出して拡張する。

・雲と手を繋ぐ。

・もういっそ子供に戻る。

・ありのままでいること。

 

彼らの感性でしか生まれないものばかりでした。まるで小説の設定のようでもありました。

これから先、松高生も「ありのまま」の自分を大切にしながら、どんどん成長していってほしいと思います。この感性が、文章力と結びついて、もっと膨らませていければ、それこそ生きていく上での大切な力になります。

松高から見える空の写真

 

 

 

 

 

 

 

  

 

ちなみに、答えの中に「雲になる」というのもありました。

雲から手足がはえたキャラクターも添えてくれました。それはそれで私は好きですよ。

冬が終われば、春が来ます。ガンバレ、松高!

国立ハンセン病資料館オンライン見学

12月23日(水)理数科1年対象に国立ハンセン病資料館オンライン見学会を実施しました。

 

オンライン見学会の前に12月21日(月)、22日(火)と事前学習をし、ハンセン病について学びました。

 21日(月)は教室でハンセン病資料館からいただいた資料を元にハンセン病について調べ、問いを作り、その問いをクラスで共有しました。

 

22日(火)は生物実験室でハンセン病に関する動画「柊の向こう側」を視聴しました。

 

 

 

 

そして12月23日(水)に、国立ハンセン病資料館とZoomでつなぎ、ハンセン病についてや療養所の歴史などの解説の後、施設の中を案内していただきました。

 

 

 

 

 

資料館のオンライン見学を終え、質疑応答の時間には生徒たちから数多くの質問が出ました。

予定時間を過ぎても質問が続き、生徒たちの関心の高さが伺えました。

 

その日の午後の授業で、一人一人がハンセン病に関するポスターを作りました。

 

 

 

 

コロナ禍で直接資料館に出向くことはかないませんでしたが、長年の差別の歴史を知り、衝撃を受け、生徒一人一人がそれぞれに思うことがあったようです。

 

生徒の感想 窪田誠也 鴻巣市立鴻巣北中学校出身

昔、恐ろしい感染症とされていたハンセン病について、国立ハンセン病資料館の職員の方からガイダンスを受けたり、動画で元患者の方々が受けた辛い体験や療養所での話を聞いたりしました。視聴した動画の中で病気の辛さよりもそれによって追い込まれる家族の苦しさの方が大きいと話されていて、政府だけでなく周囲の人々もその人たちを苦しめる要因になっていると思うと、まずは正しい知識を持ち、偏見や差別をなくすことが重要だったのだなと思いました。

2021年始の松高OBの活躍!

 元日のニューイヤー駅伝に松高OBが2名出場しました。

  1区  小山 直城さん(東京農大→Honda)

  5区  川田 裕也さん(東京農大→埼玉医科大グループ)

 小山さんは同大会昨年度1区3位で、今年度は1区5位でした。

 また、川田さんは埼玉医科大グループ初のニューイヤー駅伝での出場選手となりました。

 一方、3日の箱根駅伝(復路)に松高OBが2名出場しました。

 今年度の箱根駅伝では、埼玉県の公立高校出身選手は松高の2名のみでした。

  8区  野口 英希さん(東洋大学)

  8区  伊地知 賢造さん(國學院大学)

 野口さんは区間2位、伊地知さんは区間9位の快走でした。

 松高OBの活躍に、大興奮の年始となりました。

 

初任者による研究授業

 今年度の国語の初任者による研究授業が、12月に1年5組で行われました。

 

 

ー生徒のコメントー【関根 武琉(川島西中 出身)】

 国語のテストで学年1位を取った。理由は簡単だ。担当が矢野先生だから!(他の先生が悪いわけではない)授業の始めに矢野先生は、ドラマの伏線について解説する。矢野先生はbacknumberの曲を解説する。矢野先生は映画の技法について解説する。アレッ、これって国語?とみんな思うかもしれない。しかし、この雑談が後にでてくる授業の問題の伏線になっているのだ!!

 雑談楽しい→問題来た→雑談の内容をヒントに解く→俺ってすごいんじゃね→国語楽しい!この矢野スパイラルによって、自分にとって眠くて退屈な国語が楽しくて最高な国語の授業になるのだ。授業の感想をって頼まれたけど、矢野先生の授業の解説みたいになってしまった。まぁ理由は簡単だ。矢野先生の授業はすばらしいから!

應援團に届いたのは…

 11月にTwitterライブ等で本校應援團が、超放課後祭 Supported by 放課後『カルピス』に出演いたしました。

 先方のご厚意で、現在2年生部員1名であることを気にかけていただき、休部寸前であることもライブ内で何度も伝えていただきました。

 大物アーティストの出演もあり、イベント総視聴者数は約120万人のアクセスがあったそうで、コロナ渦で野球応援や有観客での発表の機会がなくなってしまった団長と、引退した3年生にとってもよい思い出となりました。

 ライブ中にいただいた昔からのファンの方々からの応援コメントや、應援團を初めて知っていただいたと思われる方から「かっこいい!」というコメントをいただき励みになりました。ありがとうございました。

 

 そして、應援團に最高のクリスマスプレゼントが届きました…

      ↑ 気になる方は、今すぐ應援團の日誌へ!

まつこう美術展①

松山高校の2階渡り廊下には、1年生の美術の授業作品が展示されています。

今月の展示は「切り絵」です。

「切り絵」とは、黒画用紙をカッターナイフで切り抜いて、台紙に貼り込み、形を表現したものです。

一般的に知られている切り絵は、白黒のものが多いですが、今回は、黒画用紙の裏に色紙を貼り、「カラー切り絵」に仕上げました!

どれも力作ばかり!ぜひ、観に来てください

※作品は2週間ごとに入れ替わります。今週は1・9組です。

【実験】光合成色素の分離

1年理数科で薄層クロマトグラフィー(TLC)を利用した光合成色素の分離の実験を実施しました。

ホウレンソウ、ワカメ、スピルリナ、イワノリの色素を抽出してTLCプレートにスポットし、石油エーテルとアセトンの混合液で展開しました。

 

 

生徒たちはTLCプレートの上を色素が上がっていく様子を興味深そうに観察していました。

 

こちらが結果の一部です。

 

 

2つ目の実験として藍藻類のスピルリナからフィコシアニンの抽出をしました。

藍藻類の藍の所以であるブルーの色素、フィコシアニンです。

透過光は青く見えますが…

 

反射光は赤く見えます。

光合成色素の実験する中で、以前学習した「葉が緑色に見えるのはクロロフィルが赤と青の光を吸収して緑を跳ね返しているから」ということや、「なぜ生物によって持っている光合成色素に違いがあるのか」といった問いに結び付き、実験したからこその深い学びにつなげることができました。

 

全班の実験結果はグーグルクラスルームで共有し、レポート作成時の参考にしたり、良く書けているレポートもグーグルクラスルームで閲覧できるようにするなどICTを活用した授業をしています。

余談ですが、フィコシアニンはソーダバーなどのアイスの色素としても利用されている色素です!

3学年特編授業がはじまっています。

後期二次考査が終わり、翌日17日から3学年では特別編成の授業がはじまっています。入試に向けた演習と解説が中心です。2時間続きで一つの教科に取り組みます。演習は時間を意識して、解答の確認は、なぜそうなるのか、根拠や流れを解説の文章を読んだり、説明を聞き、時間をかけて確かめましょう。1月15日16日の共通テストまで30日を切りました。最後まで走り抜けましょう。

SS理数数学Ⅱ 出張講義

12月2日(水)東京電機大学理工学部 教授 硲文夫先生 をお招きし、理数科2年生対象に大学出張講義を実施しました。

 今回の講義は「時計のふしぎ」というタイトルで、12時間で1回転する歯車を組み合わせて、1年間でちょうど1回転する時計を作るためにはどうしたら良いのか?という身近な題材を元に講義が始まりました。

 1年間は365日5時間49分で分に直すと525949分。12時間は720分。なので525949/720を生み出す歯車の組み合わせを考えることになります。

 

 現実的な歯車の歯の数でこれを実現させるために考えられたのがフランスの時計職人ブロコさんが提唱したブロコの表です。

講義の最後には、ブロコの表を使い16時間6分で1回自転する海王星で正確に時を刻む時計を作るための例題を解きました。

 

生徒の感想 関口周宏(熊谷市立熊谷東中学校出身)

今日の講義では、ブロコの表の作り方について学びました。ブロコの表とは、19世紀のフランスの時計職人が考えた分数をなるべく近い分数で、分子も分母も素因数分解ができる分数に近似できるというものです。ブロコの表を使ってブロコの問題とブロコの問題海王星版というものを講師の先生と一緒に解きました。

身近な時計の仕組みを数学的に理解することができ、とても良い経験になりました。普段使っている数字で日常生活にある仕組みを理解できるようになれたらよいと思いました。

 

テスト終了!防災訓練!

今日は後期2考査最終日。

テストの手応えはいかがだったでしょうか?

良く出来た人、出来なかった人、結果も大切ですが、「過程」も大切です。

一夜漬けの勉強で得た知識は、直ぐに忘れてしまいます。

しかし、勉強することの意義を理解し、毎日コツコツと積み上げることの出来た人は、記憶に定着します。

今学期、あと一回試験があります。

是非、「毎日コツコツ」やってみて下さい。

 

さて、テスト終了後には、防災訓練がありました。

私も、生徒の様子を廊下で見ていましたが、静かに、速やかに避難出来ていましたね。

「出来て当たり前のこと」かもしれませんが、実際に災害が起きると、当たり前のことも出来なくなります。

学校でも家庭でも、日頃から避難経路や避難場所を確認し、災害に備えておきましょう!

 

 

寒波到来

後期2次考査最終日です。

出勤すると、記念館前の池に氷が張っていました。

この頃、寒い日が多くなってきましたが、今後ますます寒くなることが予想されます。

これから、3年生にとっては大事な時期を迎えます。

今まで以上に体調管理に気を付けて、体調を崩さないようにしていきましょう!

 

定期考査 with コロナ

松高日誌を執筆するたびに、コロナの波が押し寄せてきているように感じます。

より一層、ただし過度になりすぎずに、警戒しなければなりません。

ビニールカーテンや机上のシールドなど教室の様子はたくさんご紹介してきましたが、

実は、こんなものもあります。

コロナ対策

 

 

 

 

 

これらが各教室に整備されています。いろんなものをさわる手には、菌がたくさん!!

これさえあれば手を使わないで、アルコール消毒ができたり、ゴミを捨てたりできます。

そして「文武不岐」を掲げる松高には欠かせないのが、

部活動 感染症予防ガイドライン

 

 

 

 

 

部活動の「感染症予防ガイドライン」です。各部活動で念入りに感染症予防を実践しています。

少しでも安心できる毎日を、みんなの力でつくりあげたいものです。

部活動も、対策を講じて思いっきり、、、

おっと!いまは定期考査でしたね! 部活動は、定期考査で思いっきり点数をとってからです。

さて、何点とれるでしょう? 教員は赤ペンを手にしながら、楽しみに待っています。

期待していますよ。ガンバレ、松高生!

探究Ⅰ物理 発表

12月2日(水) 理数科1年SS科学探究Ⅰの物理選択者が研究テーマの発表をしました。

 

それぞれが自分の研究してみたいテーマについて4分以内でプレゼンをし、お互いにルーブリックで評価しました。

 

 

科学探究Ⅰの時間でプレゼンを行うのは2回目なので(前回の様子はコチラ)どの生徒も前回の反省を生かして発表をしていました。

今後、これらのテーマの中から話し合って3つを選び、これから約1年間研究を続けていくことになります。

 

生徒の感想 古賀雄成(坂戸市立桜中学校出身)

今回、私たち物理分野では今後研究するテーマについてスライドを使用して発表しました。今回の研究発表は実現性の高さをいかにして聞き手に伝え、賛同を得られるかという、プレゼンテーション能力を成長させる有意義なものとなりました。互いに発表することで、一人では気が付くことの出来なかった伝え方の工夫を学び、さらにその上で様々な研究に触れることができました。今後、今回出し合ったテーマの中から実際に研究するテーマを選ぶ、という作業に移ります。今回感じた成長を忘れず、本番に向けてさらに成長できるよう探究の時間ひとつひとつを大切に使い学んでいきたいと思います。

少し前の空

少しだけ前の写真ですが、珍しい光景だったのでHPに載せたいと思います。

年に数回こんな空に出会うことがありますよね。

 

ここ最近は太陽が出ていないと本当に寒いです。

どうか皆さん、体調にはくれぐれも気をつけてお過ごし下さい。

後期2次考査に向けて頑張りましょう!

科学の甲子園

11月21日(土)県立総合教育センターで科学の甲子園が開催されました。松山高校からは、理数科2年から選抜された1チーム(6名)が参加しました。

科学の甲子園は高校生を対象に、科学への興味と裾野を広め、実力ある未来の人材育成を目的として、平成23年より科学技術振興機構(JST)により主催されている競技大会です。

例年は物理・化学・生物・地学・数学・情報の筆記試験をメンバーで協力して解いたり、身近な材料を使った競技を実施するのですが(去年の様子)、今回は新型コロナ感染拡大防止の観点から、1人1人がそれぞれに問題を解く形式となり、競技も中止されました。結果も後日連絡となりました。

筆記試験に手ごたえを感じている生徒たちが、結果を楽しみに待っています。

 

生徒の感想 林 航平(朝霞市立朝霞第三中学校出身)

科学の甲子園は生徒6人で物理・化学・生物・地学・数学・情報の6科目を協力して解くという行事ですが、今年はコロナ禍ということもあり、各科目代表を決め、別の机で話し合わずに解きました。テストの内容は去年度より簡単だった感覚がしました。これは学校での学習等の賜物とだと考えています。私たち高校2年生は来年に受験も控えているため、科学の甲子園のような大会や模試などで自分の実力を計り、日々の授業や学習を大切にしていきたいと改めて感じました。科学の甲子園の結果を楽しみに待っています。