松高日誌

松高日誌

教育実習生

本日より、教育実習生による研究授業が始まりました。

教育実習生による研究授業

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実習生の練りに練られた授業計画のもと、

生徒も、とても生き生きと授業を受けています。

 

例年通りのことがうまくいかない今年。

それは、高校生だけでなく、実習生のみなさんも同じでしょう。

その状況の中で、最大限にできることを実践しようとしている実習生の姿を、

生徒たちは確かに見ていると思います。

松高生も、自分の夢・目標に全力で突き進める人であってください。

ガンバレ!松高生!実習生!

科学探究Ⅰ 物理分野研究発表会

理数科1年生 科学探究Ⅰの物理分野で発表会を実施しました。

生徒たちは全国のSSH指定校の研究論文集や本校の先輩の研究から、興味を持ったものを選び、研究の内容と面白さ、自分ならその研究をどのように深めるかを他者に伝わるように発表しました。

 

 

 

生徒たちはお互いの発表をルーブリック評価で評価しあいました。

 

 

生徒の感想 黑瀨皓太朗(川越市立富士見中学校出身)

今回の授業では、今まで本校やSSH指定校で行われた研究について、パワーポイントやスライドを用いて個々人で口頭発表しました。発表内容はその研究の実験内容や結果だけで無く、興味を持った理由、自分ならどう発展させるのかまで踏まえて、聞いている人たちに対し、その研究を魅力的に、存分に味わってもらえるような口頭発表を各自繰り広げました。

評価項目はパワーポイントやスライドの出来と話術の2つからなり、判断基準に明確な定義をもって評価するのも理数科らしさの表れです。発表の中には予備校塾講師を思わせるようなインパクトのある話法を取り入れたプレゼンも多数あり、教科書や資料集以外からも学びを得る深い学びを体験、実践できた理数科らしい発表会になりました。

テストの「復習」

昨日でテストが終わりましたね。

皆さん、「テストの復習」はしましたか?

テストをやったら、やりっぱなしになっていませんか?

今週来週で、テスト返却がありますが、点数だけ見て終わりにするのではなく、自分の出来なかったところを中心に、もう一度振り返ってみてください。

結果も大事ですが、学習を定着させるためには「復習」をしっかりしましょう!

科学探究Ⅰ 化学分野研究発表

科学探究Ⅰ化学分野では過去2年分の松山高校SSH研究発表の要旨集やポスターを参考に、先行研究の結果を踏まえ、自分ならそれらの実験をどう発展、探究を進めるかをまとめて発表しました。

 

 

そして、お互いにルーブリックで評価しあいました。

 今後はグループ分けをして探究を進めていきます。

 

生徒の感想 小松蓮凰(小川町立西中学校出身)

今回の探究の授業では、先輩の行った研究を元に、さらに発展させた実験を自分で考えたり調べたりして、パワーポイントにまとめてプレゼンをしました。自分は、塩素酸カリウムと硫黄の量に着目したマッチの研究を元に、再燃可能なマッチやマッチがよく燃えるにはどうしたらよいのか考えプレゼンしました。初めての経験で早口になってしまったり、原稿を見てしまい、前を見ることが出来ませんでした。また、友達のプレゼンを聞いて、細かい実験内容や過程だけでなく、先輩がやった実験を活かし、発展させた実験内容だったので、とても参考になりました。今後、友達と共に研究していくことが楽しみになりました。そして内容はもちろん、伝えたいことをしっかり伝えられるようなプレゼンが出来るように成長していけるようにします。

科学探究Ⅰ 生物分野研究発表

理数科1年生の科学探究Ⅰ生物分野の授業で研究発表をしました。

ミジンコを題材に2週間ほど各個人で研究してきた内容です。

 

 

 

 

この研究のために、放課後残って実験をしている生徒もいました。

 

生徒の感想 佐藤琉晟(川越市立福原中学校出身)

 生物分野ではミジンコについて各自が不思議に思うことを考え、実験、観察をしてレポートにまとめました。

今回は、そのレポートを使って、それぞれ3分で発表ました。ミジンコは水温によって生存率が変わるのか、生命の危機に直面するとミジンコの心臓の鼓動が早くなるなど、とても面白いものがたくさんありました。不思議なことは調べてみると、単純でもとても面白いことを改めて実感しました。この気持ちを忘れずSS科学探究の本研究にも生かし、より良い研究をしていきたいと思っています。

後期1次考査前

今週の金曜日(10月16日)から後期1次考査が始まります。

部活動禁止、生徒の職員室への入室も禁止となっています。

本日18時頃、HR棟の様子です。

各教室で、生徒諸君が後期1次考査へ向けての勉強に励んでいます。

 頑張れ 松高生 「いざ 学べ」

科学探究Ⅱ 松山高校の地層の調査

理数科2年、科学探究Ⅱ地学分野で取り組んでいる研究の1つを紹介します。

この班ではハンドボーリングで穴を掘り、その土を分析しています。掘った深さは3m40㎝ほどで、上野公園にある西郷隆盛像の高さと同じぐらい掘ったことになります。

以前、先輩たちが行った研究では、松山高校敷地内の別の場所をボーリング調査していました。今回それと異なる場所を調査することで、新たな火山灰の層を見つけることができました。

 椀がけした土を双眼実体顕微鏡で観察します。

土の中から見つかった火山ガラスにより、火山灰が確認されました。

この火山灰は榛名八崎と言われる、2万6千年から2万9千年前の火山灰の可能性があるそうです。

2万6千年前といえば中期旧石器時代でマンモスが闊歩していた時代です。

 

 

探究Ⅱでは、2月に予定されている研究発表会に向けて、各班研究を進めています。

文化祭優秀団体表彰式

本日昼休み、文化祭優秀団体表彰式が行われました。

結果は最優秀賞が3年5組(SSHの発表)、優秀賞が吹奏楽部(演奏)でした!

 

 表彰式の様子

知恵を出し合い、完成された18組もの参加団体による作品は、どれも見ごたえのあるものでした!

文化祭を開くことが難しい中でも、この状況で何が出来るのか考え、例年とは違う形で開催できたことは、参加した生徒一人ひとりにとっても、大きな意味があったのではないでしょうか。

参加団体の皆さん、生徒会の皆さん、お疲れさまでした!

 

松高塾

 全学年対象である松高塾「大学入学共通テスト対策数学Ⅰ・A」の様子です。

 早朝講座(7時半~)ですが、1年生から3年生までの参加者15名で開講されています。

 

  夏季休業後は週2回のペースで対策をしていきます。

 今日の内容は数学A「図形の性質」でした。

 大学入試を目標とした演習講座ですので、演習→解説を繰り返していきます。

 担当者はテンポよく解説をしていき、板書もみやすく、生徒にも「わかりやすい」と評判です。

 

 また、この講座は3年生の演習がベースとなっていますが、1年生は次回から授業での未習範囲になりますが、テキストを購入している人に限って、松高塾のGoogleclassroomでYouTubeの解説動画をあとから見ることができるようにしています(教員2名体制をとっています)。

 臨時休業や未習範囲を学んだあとに視聴ができます。

 松高でもICT活用が進んでいます。

 ※余談ですが板書に間違いがあります。2,3年生の松高生ならわかるはず!

オンライン松高祭終了!

9月30日17時をもちまして、オンライン松高祭が終了しました。

学校としても初の試みで、試行錯誤を繰り返しながらの挑戦でした。

その結果、2036件ものアクセスがありました!

来年はどうなるか分かりませんが、その時代に合わせた学校行事、新たな挑戦を日々模索して行きたいと思います!

松高の「アマビエ」

現在開催中の第73回オンライン松高祭ですが、

アクセス数が1600回を超えました!(9/28(月)17:00現在)

松山高校を、いつも温かいまなざしで見守ってくださる保護者・地域の皆様、

本当にありがとうございます。

松高の「アマビエ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、ついに「アマビエ」のオブジェが、校門前に設置されました。

ずいぶんと立派なものです。生徒会の生徒たち、おつかれさま!

これで疫病(コロナ)を吹き飛ばそう!!!

松高生と地域の方々(そして、日本)に幸せを運んでくれますように。

バイオサミット 優秀賞・審査員特別賞!

速報でもお知らせしましたが(担当者喜びの速報です)慶応大学主催のバイオサミットで生物部の矢部くん、宇津木くん、吉成くんが研究した「マツカサガイの遺伝的多様性と種分化」が優秀賞を、そしてその発表をした宇津木くんと、「アメリカツノウズムシの脅威とナミウズムシの保護対策」の発表をした松本くんが優れたプレゼンテーションに対し個人的に送られる審査員特別賞を受賞しました。

バイオサミット 優秀賞

左から矢部真之介くん、宇津木祐哉くん、吉成優真くん。

 

 

PDFはコチラ

審査員特別賞 

宇津木祐哉くん

 

松本陽彩くん

 

審査員特別賞は松山高校生物部としては3年連続の受賞となりました。

 

生徒の感想 宇津木祐哉(鶴ヶ島市立南中学校出身)

私たちが出場したバイオサミットは慶応義塾大学が主催する大会で、生命科学に関係するあらゆる研究が対象となります。今年は、新型コロナウイルの影響でZOOMを使ってのオンライン開催になりました。
私たちの研究材料であるマツカサガイは砂や泥の中に生息しており、石に似ているためサンプルを集めることがとても困難でした。また、実験でも思うような結果が得られず、日々頭を抱えていました。しかし、生物部の仲間や顧問の先生方の協力のおかげで素晴らしい研究成果が得られました。今大会では優秀賞と審査員特別賞の2つの賞を頂くことが出来ました。とてもうれしかったのですが、賞を頂けると思っていなかったため始めは実感が湧きませんでした。どの発表も興味深い研究をしていたなかで私たちの研究が評価され、このような賞が頂けて光栄に思いました。
審査員である大学の教授に改善点やアドバイスを頂いたため今後はそれらを活かして研究を行っていきたいと思います。また、新たな実験を行いマツカサガイの研究が進展するよう努めていきたいです。

 

 

2年 総合的な探究の時間 中間報告

 

2学年の総合的な探究の時間では、

これまでの探究内容の中間報告を行いました。

 

感染症対策のため、

各自撮影した動画を共有ないし見せる形を取りました。

 

 

多少やりにくさはあったものの、

先日のビブリオバトルも同様の形だったので

特に混乱もなく無事に終えることが出来ました。

 

どの生徒もこれまでの探究活動の成果を存分に発揮してくれました。

 

最終報告に向けて、今後の探究活動も頑張ってほしいと思います!

 

台風が近い

24日から25日にかけて台風12号が接近する模様です。

台風の影響か本日も午後16時半でこの曇り空です。

予報では進路は東へ逸れそうではありますが、十分気をつけて過ごしましょう。

 

 

1年5組「国語総合」の授業

 1年5組「国語総合」の授業の様子です。
 

 

 

ー生徒の感想ー【赤川 太陽(坂戸千代田中出身)】

 国語の授業はとても面白く、楽しい授業です。でも、しっかり要所やポイントを先生はしっかり押さえていて、分かりやすくかつ丁寧に教えてくださります。クラスのみんなも1人1人真面目授業を受けていて、とても授業を受けやすい環境です。時折盛り上がりすぎて注意を受けることもありますが…。

 5組は平均点も高いですし、結果もつくのですごく次へのテストの意欲がつくられて、最高だと思います。

 この授業の詳細は「松高での学び」ページをご覧ください!

これは○○○○だ?!

松高日誌で以前紹介した「1階昇降口にて突如出現した巨大なオブジェ」

 

全体像がだんだんと見えてきました。

オブジェが何かわかる人も出てきたのではないでしょうか。

 

 

 「空は晴れたり」とは言えませんが、一時に比べて爽やかで過ごしやすい日が続いています。

一日一日を有意義に過ごしてください。

 

頑張れ松高生!

 

松高自慢の図書館!

松山高校の図書館では、司書さんのご尽力もあり、

「国語授業タイアップ展示」と題して、

国語の授業で取り扱うテキストと関連する、さまざまな文献を展示していただいています。

司書さんが1冊1冊探し出してくださっていることを思うと、頭が上がりません。

国語授業タイアップ展示

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これで学びを一層深められます!!!教員の私もたくさん利用しています。

育ち盛りの男子高校生「スポーツ・食欲の秋」にばかり気持ちが行きがちですが、

「読書の秋」もあるのです。

君たちなら「文武不岐」を実現できますから!!

と、後期1次考査がだんだんと近づく松高生に期待を込めて。ガンバレ!

1学年「ビブリオバトル!」

 

本日6限目、ビブリオバトルクラス決勝が行われました。

ビブリオバトルとは、自分の好きな本のプレゼンテーションをして、最も「読みたくなった本」を投票で決めるものです。

どれだけ、本の面白さを伝えられるかが鍵となってきます。

 

 

 

 

1学年では、クラス内予選を行い、各班一人ずつ代表者を決めます。

本日行われた決勝でクラス代表者を一人決め、勝ち残った各クラス一名が、9月17日に行われる学年決勝へ出場できます。

発表者は、緊張の色も見せず、堂々たる姿勢で本の紹介をしていました。

学年決勝が楽しみですね!

科学探究Ⅱ 形状による防音効果

理数科2年、科学探究Ⅱ物理分野で取り組んでいる研究の1つを紹介します。

この班では防音効果について研究しています。

防音に関する先行研究を調べたところ、材質についての研究はあったものの、形状については触れられていなかったので、どのような形が防音に効果的かを研究しているところです。

 

 

身近な材料を使った効果的な防音を検証していて、初めはスピーカーを囲う箱を段ボールで作成し実験しましたが、結果が思わしく無かったので材質を木材に変えたところです。

探究Ⅱでは、2月に予定されている研究発表会に向けて、各班研究を進めています。