松高日誌

松高日誌

【野球部・應援團】甲子園まであと3勝(第103回野球選手権埼玉大会)

 校門に応援団制作の試合日程をかいたボードが掲示してあります。

 

 準々決勝(7月24日(土)9:00~レジデンシャルスタジアム大宮)は、テレビ埼玉の第2チャンネルで放映予定です。がんばれ、松高野球部!

東京薬科大学出張講義

7月12日(月)2年理数科を対象にSSH大学出張講義を実施しました。

 

講師は東京薬科大学教授の石原比呂之先生です。

 石原先生の研究室では、がん、脳神経系疾患、眼科疾患、感染症などいまだに有効な治療法が見つかっていない疾患に苦しむ患者さんのための創薬を目指しています。医療品を最も有効で、副作用が少なく、患者さんに優しい薬剤にするために、ナノサイズの粒子設計に基づく新しい機能を付与したDDS製剤を創る研究を行っているそうです。

 

ちなみにDDSとはドラッグデリバリーシステムの略で、薬を必要最低限の量で、必要な時間、必要な場所へ、狙い通りに届ける技術のことです。

 

今回は低分子を用いた創薬研究 核酸を用いた創薬研究(DDS技術の応用)について講義していただきました。

 

 少し難しい話もありましたが、新型コロナワクチンについての話もあり、

生徒たちは熱心に聞いていました。

 

 

質疑応答では、大勢の生徒から質問が出て時間内に収まらないほどでした。

 

講義が終わった後も、講師の先生に質問する姿が見られました。

創薬の話の他に、東京薬科大学や学校生活についての紹介もありました。薬学部を進路希望としている生徒もいるので、彼らの進路選択の参考となったようです。

 

生徒の感想 沢田湧太(鶴ヶ島市立鶴ヶ島中学校出身)

今日は東京薬科大学薬学部教授の石原比呂之先生から創薬について教えていただいた。

創薬の際に、有効性、利便性、安全性を考え、腸管で吸収されるときに必要な吸収性や、溶解性が薬の性能としてあることが分かった。10~15年かけて創薬するので、薬学に関係している方は患者のために何が効いて、どのように作用するのかを考慮していることも講義を聴いて実感できた。

 

【野球部・應援團】甲子園まであと6勝(第103回野球選手権埼玉大会)

 松山高校野球部は、2回戦の草加高校戦に臨みました。 

 試合はときどき雨が強くなる中で行われ、グラウンドもイレギュラーのしやすい状況でした。

 11対5で迎えた最終回9回表、相手の攻撃ではそのグラウンド状況をうまく利用されてしまい、エラーも絡み5点を取られる苦しい展開でした。

 なお2アウト満塁という大ピンチでしたが、気迫の投球により何とか11-10で勝ち抜くことができました。

 3回戦は小鹿野高校と、17日(土)熊谷さくら公園野球場で対戦します。

 応援のほど、よろしくお願いいたします。
 

【1年特進クラス】数学Ⅰ・Aの授業

 1年特進クラスの数学の授業の様子です。

 1年特進クラスの数学の授業では、前期中間考査~期末考査にかけて小単元ごとに授業を区切り、

 小テスト後に次の単元の講義(1時間)→アクティブ・ラーニング(3~4時間程度)

の流れで行っています。

 ※感染症対策として、教室よりも広くエアコンと換気扇があるスペース(図書館か大会議室)で、マスク着用をしながら行っています。

 

 生徒は自分の考えで動いて行動するので、松高の校訓のうち2つ

   ①責務を自覚し 自治自律の人たるべし
   ③人格を尊重し 和衷協同の人たるべし

をよく実践してくれています。

 4月当初よりも暖かい雰囲気が出てきてくれたことが、うれしいですね。

 

ー生徒のコメントー【※匿名】

 高校生になり、環境が大きく変わり、多忙な日々を送っています。授業形態も、中学校と大きく変わりました。数学Ⅰ・Aの授業では、中学校の時は講義形態だったのですが、高校からグループワークに変わったことで、予習が必要不可欠になりました。最初は予習をやってこなかった人もいましたが、今では多くの人が予習に取り組み、授業に臨むことができていると思います。

 今の一年一組では互いに意見を交換したり、分からないところなどを教え合ったりしていて、グループワークの長所を十分に生かしていると思います。とても雰囲気が良く、楽しく学習することが出来ているので、今後も継続していければ良いと思います。

生物基礎 ゲノムテクノロジーの光と影

1年6組の生物基礎の授業で、NHKスペシャルで放送された番組「ゲノムテクノロジーの光と影」の前半を見て、ゲノムテクノロジーの「光」の部分について意見を交換しました。

 

不治の病が治ったり、人間の遺伝子を組み込んだマウスを使って新型コロナの研究をしたり、ゲノム編集により今まで不可能だったことが可能になりつつあります。やがては親の望む容姿や能力をもった子供を作ることも可能になってくるかもしれません。生徒たちは様々な意見を出し合いっていましたが、これは本当に「光」なのか?と、そこはかとない不安を感じた生徒もいたようでした。


次回は番組の後半を見た後、ゲノムテクノロジーの「影」の部分について授業をします。

防災避難訓練

前期期末考査の最終日7月6日(火)の3時間目に、防災避難訓練を実施しました。

各教室で防火委員から、今回の重点目標である迅速・確実な点呼・人数把握、私語厳禁、マスクの着用、などの説明があり、避難に移りました。

避難先のグラウンドでは、間隔を空けて各クラス1列に整列しました。

校長先生から、3日に発生した熱海の土石流災害についてお見舞いのことばが述べられ、「今日を災害に向き合う1日にしてほしい。たとえば、煙で足元が見えないときでも1階に下りることができるよう、階段が何段あるか確認する1日にしてほしい。」という講評がありました。

この後、1年生の防火委員がグラウンドに残り、消火訓練を行いました。

OREO Method 特別講義

6月14日(月)2学年でOREO Method 特別講義を実施しました。

講師にお招きしたのはJonathan Edwards氏です。

 OREOとは、Opinion(主張)、Reason(理由)、Example(例示)/Evidence(根拠)/Episode(エピソード)/Explanation(説明)、Opinion(主張)のことで、主張し、なぜその主張をするのか、結論となるのかを説明し、具体例やデータなどの根拠・事実などでその主張を強化し、再度同じ主張をすることでブレのない文章が出来るという論理的な文章構成法の1つです。

 生徒たちには日本の各県のカードが配られ、その県の良いところをこのメソッドに沿って、英語で説明したり

 Cause&Effectでは例文を題材に原因と結果を正しく整理したりしました。

 

そして、このメソッドに沿った論理を使って文章を構成し、英語で発表しました。

 講師のJonathan Edwards氏は、2年3組で講義をし、2学年の他のクラスにはZoomでつないで講義をしました。

 

 また、各クラスに出向き、Zoomで受講している生徒たちにも直接指導したりしました。

  

生徒の感想 渡辺健世(坂戸市立千代田中学校出身)

今日は、英作文や英会話の時に役に立つ「OREO」というスキルの基礎を仲間と共に受講しました。考えていることをすぐに英語で書き出し、確認。その後に多くの仲間との意見交換など、普段とは違う新鮮な講義でした。この「OREO」は「主張・理由・例示・説得力を合わせた主張」の構成で、英文に接する上で重要だと学びました。この講義を受けてみて僕は、英語と接するときに何か一つ、自分の中で意識を切り替えて触れることが大切だと気づきました。文を読む、英語の曲を聴く、英語で話をするなど様々な活動がある中で、何も考えずに時間を送ってしまうことは、最終的には自らの「学び」の可能性を減らしてしまうと感じたからです。グローバルでお互いの個性を尊重するこの時代。「意識」1つで自分の視野を大きく変えられることもあると思います。「つながり」を考えて「トップリーダー」になれるように日々頑張って行こうと思いました。お互いにがんばろう松高生!

令和3年度生徒会選挙が実施されました

 先週の6月17日(木)に立会演説会の代替として各クラスで候補者による演説動画を視聴しました。松山高校では「主権者教育」の一貫として、演説を聴いてすぐ全員が投票する形式ではなく、考える時間をおき、自らの意思で投票所に赴き投票行動をとる形式で実施しています。投票箱は東松山市役所様にご協力いただき実際の選挙でも使用されるものをお借りして実施しています。6月21日(月)と6月22日(火)の放課後、昇降口に設置され、選挙管理委員の生徒が立ち会う投票箱に多くの生徒が足を運び、自らの大切な一票をいれていました。

SS科学探究Ⅲ

英語発表会も終わり、報告集の編集や、質問やコメントへの返事を作成しています。

後輩が発表するときに、少しでも役に立つものを残そうと、3年生達は頑張っています。

 

それを見て来年はさらに良いものを・・・というサイクルで、

研究発表は年々レベルが上がっているのでしょう。

 

 

 

受験に向けて、まだまだ頑張れ3年生!!

SSH英語研究発表会

6月5日(土)東松山市民文化センターでSSH英語研究発表会を実施しました。

 

 今回は新型コロナ感染拡大防止のため、ウェビナーを活用したオンラインと来場を併用したハイブリッド型の開催となりました。

 

 

来場した生徒も密にならないよう十分に距離を置き着席しました。

 

 ステージでは予選会で選ばれた8作品のプレゼンが行われました。 

 

 

質疑応答も活発に行われ、英語での質問に英語で答える場面もありました。

 

オンラインでは、運営指導委員の方々の他に松山高校理数科の卒業生で現在東京大学大学院に在籍している早野君や東北大学2年生の伊勢崎君にも参加していただき、評価してもらいました。先輩方の参加は生徒たちにとって良い刺激となったようです。

 

評価の高かった作品を紹介します。

 

 

 

9_Changes from Asexual to Sexual Reproduction in the Planarian(Dugesia japonica)by using Testosterone.pdf

 

 

 

13_calculation program.pdf

 

 

11_15puzzule solving program.pdf

 

 口頭発表の後は、全ての研究をポスター発表しました。

3年生は1,2年生からの質問に熱心に答えていました。

 

 

 生徒の感想

  理数科3年 高橋駿(富士見市立富士見台中学校出身)

SSH英語研究発表会ではクラス内予選で選ばれた発表グループが、東松山市民文化センターのホールで発表した。原稿の作成は自分たちが日本語で考えたものを外国人講師の方々に手直ししてもらって作成した。自分たちの原稿もかなり直された。

市民文化センターでの発表はコロナ対策のため客席がかなり空いており、クラス内発表の時よりも緊張せずに発表出来たので良かった。また英語で質問されたことに対してしっかり英語で受け答えをしているグループもあって、すごいなと思った。また、最後に自分の1年生からやってきた研究の成果を発表出来て良かった。とても良い経験になったと思う。

 

理数科2年 佐藤佑樹(滑川町立滑川中学校出身)

今回の発表会は、2月に日本語で行われた発表を、英語で発表するというものでした。1度発表した研究であったり、1度聞いた研究ではあるものの、それが英語になり、とても難しく感じる発表会でした。

昨年度の英語研究発表会は校内で、かつオンラインで別室からの発表を聞くというものでしたが、正直良い経験になったと言えるものにはなりませんでした。ですが今回は市民文化センターで直接聞くことが出来、迫力があり、わかりやすい発表に感じられました。英語の研究発表会を経験できたことはもちろん、対面でこの発表会を実施していただけたことを心より感謝しています。この会のために尽力していただいた方々、本当にありがとうございました。来年もこのような素晴らしい研究発表会が行えるように、研究、そして新型コロナウィルスの予防を頑張っていきたいと思います。

 

理数科1年 大沢智哉(川越市立霞ヶ関東中学校出身)

 今日はSSH英語研究発表会がありました。例年だと外国人講師をお呼びし、それぞれの発表の後に質疑応答をしていたそうですが、今回は呼ばずに生徒や講師のかたが質問をする形になっていました。3年生の先輩たちのプレゼンは、聞き手の見やすいような、理解しやすいような図や表が用いられており、英語の難しい単語や文法をあまり理解できなかった僕でも、わかりやすい図や表と、日本語訳のおかげで先輩の話す内容を多少理解することが出来ました。中には字幕をつけているグループもありました。自分も先輩たちがしたような素晴らしい発表を出来れば良いなと思いました。

 

小論文

 1年生の木曜日は総合的な探究の時間を使って、「探究活動とは何か」をテーマに進めています。

 これから探究を深めていくために、大切になることの基礎を学びます。

 4月当初は読解力に絡めて小論文を、5月からは探究とは何かを、主にzoomを用いて説明を受けていきます。

ー生徒のコメントー【森下 朔志(川越市立東中 出身)】

 私は、総合的な探究の時間に小論文について学習しました。中学生の頃から小論文というものは知っていました。しかし、今までやってきた作文との違いがわかりませんでした。ですが、この授業でクラスの人達と共に作文との違いを考えることで作文と小論文の違いを理解することができました。

 まだまだ先の話ですが、小論文は大学受験で使うので、1年生から小論文に触れておくことで着実に小論文を書く力をつけていきたいです。

SS科学探究Ⅱ物理分野 3Dプリンター

SS科学探究Ⅱ物理分野では3Dプリンターを活用した研究を行っています。

この3Dプリンターを使って、バネのように素材に依らないクッション性を持たせた構造物を作る研究をしています。

 

今後は芸術的美しさからアイデアを取り入れて自然科学と人文科学を縦断させた、柔軟性のある構造物を作りたいそうです。

 

「国語科タイアップ展示」図書館にて展示中です

図書館で国語科タイアップ展示が始まっています。

2年生の現代文「山月記」、古典「初冠(伊勢物語)」、1年生の国語総合「羅生門」、「芥川(伊勢物語)」、「借虎威(戦国策)」の関連書籍を展示しています。

 

授業とは少し違った視点や語り口でそれぞれの作品について論じられています。ぜひ手に取ってみてください。

ニホンムラサキ

 

松山高校OBの方より、貴重なニホンムラサキをいただきました。

校歌冒頭の歌詞に「ゆかりの色の紫にほふ」とあります。その「紫」は、このニホンムラサキのことです。

古くからこの根を利用して染め物をしていました。

生物室前で育てています。興味のある方はぜひ見に来てください。

柔道部 インターハイ県予選 個人戦結果

 6月7日(月)、県立武道館にて、インターハイ予選の個人戦が行われました。結果は以下の通りになります。

・60kg級 ベスト8 関口周宏

・66kg級 第3位 熊田龍快 ベスト8 宿谷紘太郎

・81kg級 準優勝 柳沢友之介

・100kg級 1回戦敗退 佐々島忠佳、関口智也

 各地区大会を勝ち進んだ選手のみ出場することのできる大会で、とてもレベルの高い試合が展開されました。そんな中、本校からは2名が入賞という結果となりました。大会に向けて練習した成果が表れたことは、生徒にとって大きな自信になったと思います。これからも部員一丸となり、日々の練習に取り組んでいきたいです。

新聞部、復活!

  約1年半もの間、休部状態であった新聞部。

 令和3年度は、1年生22名が入部し、一気に大所帯となりました。

 

 記事の担当個所を決めています。

 松高生がつくる久しぶりの松高新聞、読むのが楽しみですね!

ー生徒の感想ー【滝澤 樹乃 行田西中 出身】

 新聞部長の滝澤樹乃です。

 今回は、新生新聞部の紹介と私の部長としての抱負をこの場をお借りして、話したいと思います。

 まず、新生新聞部の紹介です。

 今年度、顧問の矢野先生と私を含めた1年生22人と共に新聞部は再出発しました。その中で私たちは4つの班に分かれて活動しています。取材班が取材をし、ライター班が原稿を作成し、写真班が写真を撮影し、IT班が新聞の構成をするという手順で編集しています。

 次に、私の部長としての抱負です。

 新生新聞部の部長として、部活内でたくさん声を上げて雰囲気良くかつ効率よく活動できるような環境を作っていけるよう努力します。また、学校の情報以外に社会の変動に目を向けて情報を発信し、日常では体験できない経験を積んでいきたいと思います。

 まだまだ出発したばかりの新聞部ですが、応援よろしくお願いします。

令和3年度新入生歓迎球技大会が実施されました

雨天での順延も挟んで5月27日(木)、6月1日(火)に新入生歓迎球技大会が行われました。

久しぶりの三学年同時に開催された学校行事で、各地で白熱した試合が展開されました。

   

 

 

 

 

 

 

 

また、今年度は新型コロナ対策のため、マスク着用の徹底や生徒の応援の制限などが行われました。

競技を楽しみつつ、コロナ対策にも真剣に取り組む松高生の姿が印象的でした。

そのため、初めての試みとして教室での中継放送やクイズ大会(その点数も総合点に加算されます)を行いました。

なお、総合優勝は教員チーム、2位は2年4組、3位は2年2組でした。

 

SSH英語研究発表会クラス内予選

5月31日(月)英語研究発表会のクラス内発表がありました。

 

英語研究発表会は今年2月に実施した生徒研究発表会で発表した研究を英訳し、英語でプレゼンするものです。

発表終了後、各科目に分かれて講師の先生に指導していただきました。

そして英語のネイティブスピーカーの方や本校職員、生徒の評価により、以下の黄色で網掛けされている8本が選ばれました。

 

これらの発表は6月5日(土)に東松山市民文化センターで開催予定の英語研究発表会で発表します。また、すべての研究はポスターセッションで発表します。