松高日誌

松高日誌

理数科オリエンテーション

4月14日(水)理数科1年生を対象に理数科オリエンテーションを実施しました。

 

県内初の理数科であり、30年以上の歴史がある松山高校理数科についての説明や、2期目5年目を迎えるSSH事業についての話がありました。

 

 そして理数科2年、3年の担任の先生や、理数科2・3年生の先輩からの話がありました。

 

 先生方からは、今後3年間でどのような力をつけてほしいか、そのためにどのような心構えで日々を過ごしたらいいのか、ただやっただけでは終わらせず自分の頭で考えること、素直に自分の現状と向きあい目的をもって動くことの大切さなどの話をしていただきました。

先輩からはチームで研究するうえでの対話の大切さや勉強法についてのアドバイスなどもありました。

 

生徒の感想 赤羽陸(坂戸市立住吉中学校出身)

理数科オリエンテーションでは、教頭先生からSSHについての説明をいただき、先生方や理数科の先輩2人からもSSHで実施することなどを説明をしていただきました。

このオリエンテーションを通して知ったのは、人と話し合うことの大切さです。人とコミュニケーションをとることで、自分の中の世界観を広げられるとのことでした。この「人と話して自分の世界観を広げる」という内容は先輩たちや先生方も話していたので、とても重要だとわかりました。だから自分も人とコミュニケーションをとるようにしようと心から思いました。