松高日誌

松高日誌

1年生 総合的な探求の時間

 1月23日(木)の1年生総合的な探求の時間は「SH(持続可能な東松山)プロジェクト①」と称して、SDGs(持続可能な開発目標)について理解を深め、地域の課題を解決する2年生での探求学習の端緒とする取り組みが行いました。

 国連のグテーレス事務総長のVTRなどを視聴し、SDGsへの理解を深めたあと、グループワークが行わいました。

 

「えんたくん」という段ボールを円形に切ったツールを用いてグループワークを行いました。

 

【生徒の感想】畠山 佳大(菅谷中 出身)

 今日、二年生の総合的な探求の時間の課題である「SDGsについて」の講義をうけて、SDGsとはなにかを学びました。SDGsについての映像の中の言葉で「SDGsを青信号をわたるときのようにあたり前にしたい」というものがありました。講義を受ける前は、良く分かりませんでしたが、SDGs,「誰もおきざりにしない,17の項目」を知ってから先に述べた言葉が良くわかりました。これから、東松山とSDGsをからめて考えていくので、今回の講義を生かして頑張っていきたいです。

台風19号 災害ボランティア活動

 1月26日(日)午前、昨年秋の台風19号で被災した市内の田んぼの清掃(漂流物の除去等)を、東松山市役所の方と一緒に行いました。この地域は近くを流れる川の氾濫があり、床上まで浸水した家も多くあったとのこと。少しずつ復旧は進んでいますが、まだまだご苦労をされている方が多くいらっしゃいます。

 活動を行ったのは、野球部・ラグビー部・生徒会役員・有志合わせて63名の生徒です。(他にも声を上げた部活動がありましたが、公式試合の日程の関係等で、今回はこのメンバーとなりました。)

 田んぼには、洪水で流されてきたゴミ(新聞紙・雑誌・毛布・ペットボトル・ドラム缶など)が多数残されていました。また、周囲の用水路は泥で埋め尽くされていました。それらの除去活動を通じ、改めて当時の災害の大きさを感じました。

 

 

 

 

 

ICTを活用した授業実践③

 「コミュニケーション英語」の松高塾では、タブレット端末を使ってCNNやABCなどのサイトを開き、英語で世界のニュースの中から1つ気になった記事を選び、内容を説明する取り組みがされていました。

 

 

 

ICTを活用した授業実践②

 古典の授業では振り返りをGoogleクラスルーム上で行い、振り返りの共有や紙で提出していたプリントのかわりに電子提出もしています。

 

 生徒の提出状況がパソコンでわかるようになっています。