松高のICT教育

オンライン学習について

 臨時休業中の課題について、松山高校では教職員間でインターネットを利用した学習支援に目標を定めて、生徒に課題を提示しています。

【インターネットを利用した学習支援の目標】
 学習の目標・基準について生徒に明示し、どんな力をつけるために、今この課題があるのか、評価の基準はどのようなものなのか理解させ、学習に対する意欲を喚起し、生徒たちに自分で考え自分で学習を進めていく「自治自律」の力を育むことを目標とします。

 この目標に則り、教科ごとの特性に応じて、コンテンツも自前の動画配信にこだわらず、上の目標達成のために既存のインターネット上のコンテンツやビデオ会議システム等で対応しています。

 また、GoogleClassroomを多くの学校は「教科ごと」に設定していますが、松高では「クラスごと」に設定をし、担任のみならずクラスに関わる教職員全体でサポートにあたる体制としています。各教科で質問会や、小テストなどでメンタルケアやフィードバック、また全体を見ることで課題量の調整を行っています。

松高のICT環境

 松高ではスマートフォンの持ち込みを制限していません。それは、校訓の「責務を自覚し 自治自律の人たるべし」にあるように、スマートフォンを所持することへの「責任と自制」を求めているからです。授業の一部ではスマートフォンや学校配備のタブレット端末も活用しています。

 松高のプロジェクターには、電子黒板機能がついています。プロジェクターは埼玉県立高校で全校・全普通教室に配備されますが、電子黒板機能のあるプロジェクターが全普通教室、さらに選択講義室にまで導入されている例は県内ではほぼありません。

 国語や英語の授業では本文を写す作業の短縮になり、また文法事項や単語の意味などを直接かきこむことができます。地歴公民や理科、数学の授業では写真や図形等の視覚的教材も良い解答例などもすぐに共有することができます。

 そのプロジェクターは生徒がLHRや授業でプレゼンや係決めなどに使用することもあります。令和元年11月にはWi-Fi環境とタブレット端末も配備され、より充実したICT教育環境となりました。

 

ICT実践報告

ICT実践報告

No.14「授業でのオンライン活用」

 松高では通常登校再開後も、「授業を元に戻す」のではなく、「新たな授業を模索する」動きが活発になっています。一例を紹介いたします!

 令和2年度1年生の化学基礎では、授業の復習や、担当者ごとに「教えていること・いないこと」のバラツキを防ぐため、復習動画や予習動画を提示し、授業に活用しています。

   

 数学や物理では、自動採点と解説動画が見られるグーグルフォームでの小テストを採用している授業もあります。

 

 

 令和2年度3年生の特進クラスでは、毎朝英語の長文が届いて、生徒が読むことができるようなっていました。

 上はクリスマスの日(多くの受験生に、今年はクリスマスはなかったかもしれませんが…)の長文です。

 担任の先生が、外国のニュースなどから抜粋して、掲載を毎日続けたそうです。

 実際、このクラスの共通テストの英語の平均点にも、結果として出ていました(継続は力なり、ですね!)。 

No.13「松高塾でのオンライン活用」

 松高塾(補講)でも、オンライン講座がいくつか開講されました。

 下は物理の松高塾です。

 プロジェクターを上手く活用して(松高のプロジェクターは全県でも珍しい、電子黒板機能付きなのです!)きれいな図等でとても見やすく、生徒にも好評でした。

 

 

 下は、全学年対象である松高塾「大学入学共通テスト対策数学Ⅰ・A」の様子です。

 

 大学入試を目標とした演習講座ですので、演習→解説を繰り返していきます。

 担当者はテンポよく解説をしていき、板書もみやすく、生徒にも「わかりやすい」と評判です。

 

 また、この講座は3年生の演習がベースとなっていますが、1年生は未習範囲があるため、テキストを購入している人に限って、松高塾のGoogleClassroomでYouTubeの解説動画をあとから見ることができるようにしています(教員2名体制をとっています)。

 臨時休業や未習範囲を学んだあとに視聴ができます。

 松高でもICT活用が進んでいます。

 ※余談ですが板書に間違いがあります。2,3年生の松高生ならわかるはず!

No.11【松高祭】オンライン文化祭開催!

 多くの学校で文化祭の中止、校内公開のみなど規模が縮小された中、松高生徒会では「オンライン文化祭」の形を選択しました。

 リアルタイムではなくYouTubeでの配信となりましたが、どのような環境であっても、新しいアイデアを出して対応していく松高生には心強さすら感じました。

 

 ↓生徒作成のホームページ用バナーです。

 

 ↓文化部を中心に発表がありました。

 

 

 また、学校文化祭の華である門装飾ですが、こちらは後輩への技術の伝達や地域への感謝を表すために、アマビエを生徒会が中心となって作成しました。

 この状況下で「オンラインとリアルとの融合」の一例を生徒が一丸となって実現してくれていました。

 

No.10【部活動(吹奏楽部)】部活動ミーティング

 部活動でも。zoom等を用いてミーティングを行っています。

 自粛期間中は外に出ての運動や、楽器の練習も難しかったため、体調管理や勉強の進み具合の確認が多く行われていました。

 下は吹奏楽部が実際行ったミーティングの画面です(新入生が入部前なので人数が少ないです)。

 詳しくは「吹奏楽部」のページをご覧ください。

No.09【保健室】名探偵求む!!GoogleFoamの活用②

 

 5月23日(土)にアップロードされた保健室からのGoogleフォームは

     保健室より名探偵求む!!

というタイトルで、「保健室の課題をみんなで解決しよう!」という趣旨のアンケートでした。

  さて、No.7では2つの課題のうちの1つについて記事にしましたが、No.8では残りの1つについて書こうと思います。

   「みんなに体調管理をしてもらうには?」

 松高生はどのような最初の「自分なりの答え」を持っているのでしょうか?ここで少しご紹介します(原文儘)。

 

・毎日の体調管理をすれば自然と身長がのびますよと宣伝する。

・みんなに実施してもらうにはまず、「なぜ」健康観察を実施するのかを一人ひとりに考えさせなくてはいけないと思います。ただ健康観察をやらされるだけでなく、「なぜ」健康観察をやらなくてはいけないのか、その理由がしっかりと分かれば全員が健康観察をすると思います。

・全部達成出来たらなにかプレゼント。僕は直筆サインが欲しいです

・下位のクラスを発表する

・ラジオ体操みたいにスタンプで確認する。

・紙に記録させるのではなく、スマホで記録させるようにする

・枕元に体温計を置く

・一人一人が習慣化出来るまで呼び掛け合う

・忘れた時に一発芸をする

・ビデオ通話などをクラスごとにして、健康観察のようにして行うのがいいと思いました。

・毎日欠かさず健康観察した人には学食の食べ物が無料やお得に買える券のようなものを賞品にする

・コロナウイルスの恐ろしさを保健室の先生が出演の動画にして生徒に見せる

・体温計を持参し、朝に健康観察する時間を設けてしまう。それでもしない生徒は保健室の奴隷になる。

・ごほうび大作戦

・健康観察をすると一時間Wi-Fiが使えるようにする。

・早起きするよう呼びかけ、熱をはかる余裕を作らせる

・1.体調不良を訴えた生徒のみ、その日から一週間記録してもらう。2.全員に体温計を配布、もしくは間接的な接触がない方法で測る事のできるものを購入し始業前に全員で測定する。3.健康観察を提出することが出来ない人は学校に来させない。

・1ヶ月続けてやれば自販機の飲み物1本無料

・サーモカメラ導入する。

・提出物として毎日Classroomで提出してもらう 毎日提出する習慣をつけさせれば体調管理をする人も増えるはず

・ちゃんとやりましょうといえばもう高校生なのでやってくれると思います。

No.07【理科】YouTubeでの動画配信

 理科(物理・化学・生物・地学)のYouTubeの動画配信です。

 

 

 各担当で授業動画やclassroomでの小テストなど、オンラインでできる様々な工夫をしています。

 YouTubeのアカウント配布前には、zoomでの双方向授業も一部始めていました。

 理科では授業の内容をオンラインで取り組むだけでなく、県の授業再開後の指針で「実験は演示実験や動画等の活用を」となっていることも踏まえ、一部YouTubeで実験の諸注意や今後の授業についてなどをアップロードしています。

 

 

No.06【保健室】名探偵求む!GoogleFoamの活用①

 ニュース等で、GoogleClassroomの保健室での利用がよく話題になっていますが、松高の保健室では生徒への課題提示にも活用しています。

 

 5月23日(土)にアップロードされた(…土曜日?)保健室からのGoogleフォームは

     保健室より名探偵求む!!

というタイトルで、「保健室の課題をみんなで解決しよう!」という趣旨のアンケートでした。

  「学校が始まった時に保健室が抱える2つの難題を一緒に解決してほしい。」

 なんともアカデミックな松高生向けの問いですね。さすがSSH指定校ですね。 

 

 最近の教育界のトレンドで「正解のない世の中で生き抜く力を付ける」という流れがあります。

 正解のない問いは、絶対的な誰もが正しいという答えがあるわけではなく、「自分なりに納得できる答え(最適解)」を、周りの人々と折り合いをつけながら導きださなくてはなりません。

 

 

 さて、2つの課題のうちの1つ

   「手洗いをしてもらうには?」

 松高生はどのような最初の「自分なりの答え」を持っているのでしょうか?ここで少しご紹介します(原文儘)。

・いい匂いの石鹸をおく。

・毎回応援団が「手洗えよ!」ってめっちゃ怒ってくると洗うと思う。

・手洗いをすれば自然と心が綺麗になって立派な大人になるよと宣伝する。

・各掃除担当が水回りをしっかり掃除する。

・手洗いは感染症が流行ってなくてもするのが常識です。してないのであればその人の常識はただの思い込みの可能性があるので教えて正すだけでよいでしょう。

・手を洗わないやつを授業で優先的に指名する。

・松山高校のルールとして明確に決めてしまう。今のご時世を理解していない高校生は少なくないと思うためちゃんと話せば松高生はしっかり協力してくれるのではないでしょうか。

・定期的に呼びかける。

・全員がコロナウイルスについて理解し、声がけをしていく

・よく手が触れるところに手がべたべたになるクリームのようなものを塗りつけておくことによってベタベタをとるために手を洗う人が増えるはず

・手洗い用タオルの徹底

・手洗いによるメリットを説明し、ハンカチを持参させ、手を洗ってもいいようにさせておく

・手洗い場をきれいにする

・松高生が選ぶ、人気女性芸能人TOP10(10でなくても良い)の写真をラミネートし、松高の手洗い場の各蛇口の付近にそれを貼り、手を洗いに行く度に美女と出会えるようなシステムにすることで、手洗い自体を娯楽にするというのはどうでしょうか。かなり名案だと思うので、ご検討ください。

・アルコールが少ないことを伝えれば普通に手洗いに切り替えると思います。

・私は、ハンカチを持っていれば手洗いをする可能性が上がるのでは無いかと思います。なので、朝のホームルームで、ハンカチの有無の確認などはどうでしょうか!!

・手を洗わないことで起こるリスクを一覧にした大きなポスターを手洗い場に張る

・学校が戻り生活が始まったタイミングで臨時の保健委員会をつくり各クラスへのアルコールの現状と手洗いの促進を促してもらう。

・手洗い回数に応じて保健室直筆イラストが解放

・手を洗って欲しい時間に校内放送でピコ太郎の手洗い音楽を流す

 …まだまだありここにかききれないのですが、これらの答えをぶつけて議論したら楽しそうですね!

No.05【HR】Google meet LHRやzoom自習室

  まもなく分散登校が始まりますが、松高ではオンラインでのSHR(※ビデオ通話にこだわらず)を学校全体で6月1日(月)~再開に向けて行うこととしています。本来であれば全クラスでビデオ通話を!といきたいところなのですが、埼玉県からの報道発表にもあるようにサーバー負荷の問題もあり、いろいろな手段を併用する形となります。

 これまで、特に3、4月の時期は、まずはそれぞれの教員ができることを!ということで、Classroom以外に、ビデオ会議システムのmeetやzoomを用いてやりとりがされていました。

 

 meetを用いたあるクラスでの実践例です。

 まずはお互いに顔もよくわかっていない状況であるため、担任との二者面談からスタートし、その後小グループでのコミュニケーションをとることをしました。

 今後、保護者の方々との面談等でも、このmeetを活用していくことを検討しています。

 このmeetですが、GoogleClassroomからボタン1つで始めることができますので、生徒にとっても非常に使いやすいようです。

 中には、部活動でmeetミーティングをする前に、教員がログイン時したときには既に複数の生徒がオンラインで一緒に勉強していたこともあったそうです。

 生徒それぞれが使い方を調べて活用していることにも、松高生の力強さを感じますね。

 

 

 また、担当が主導してzoomによる自習室を開設した実践例もあります。

 

 特に2,3年生はお互いの顔もわかっていますので、参加した生徒には好評だったようです。1人でやるより、図書館やカフェの方が勉強がはかどる!という方も多いですよね。

 自治・自律している人にも、何でも1人でやれる人はそんなに多くなく、(文面だと表現が難しいですが)環境や人をうまく利用できる人の方が多いはず。

 それゆえに、自治・自律を目指す松高生にこの自習室はぴったりだったのではないでしょうか?(参加した生徒諸君、どうでしたか??)

 また、特に3年生では進路等の不安が強いことが予想されたため、休業中に全クラスでそれぞれ一度以上場を設定し、ビデオ会議システムで顔を見ながらSHRや二者面談など双方向のやりとりをいたしました。諸事情でインターネット環境等で参加できない生徒には、個別に電話等で対応しました。