SSH通信
SSH日誌

SSH

SSH生徒研究発表会

2月1日(土) 東松山市民文化センターでSSH生徒研究発表会を開催しました。

 

午前中は校内予選で選考された科学探究Ⅱの物理、化学、生物、地学からの4本と

数学探究、生物部、化学部、物理部、地学部、数学部から各1本の計10本の口頭発表がありました。

 

 

 

 

 

 

 評価の高かった上位3組の口頭発表はこちらです。

 

 

1位

 SS数学探究Ⅱ テイラーとみる松高からの景色 

岸川涼

 

 

2位

地学部 山の青さ、空の青さ ~大気の散乱の研究~

岸川涼

 

 

 3位 

アメリカツノウズムシの脅威 ~ナミウズムシは生き残ることが出来るきるか~

松本陽彩 松井海璃 曽田響平

 

1位、2位はどちらも理数科2年の岸川君の発表が選ばれました。

 

 

その後、ホワイエで科学探究Ⅰと科学探究Ⅱ、数学探究Ⅰ、数学探究Ⅱ、理数系部活動の全ての研究のポスター計47本の発表を行いました。

 

 

 

 

 

 

生徒たちはお互いの研究について質問しあったり、SSH運営指導委員の先生方からアドバイスをいただいたりしました。


ポスター発表でベストポスター賞に選ばれた上位1位から3位の4本(同率3位2本)は以下の通りです。


 

 

 

ポスター発表 最優秀賞

 

 

PDF テイラーと見る松高からの風景.pdf

 

ポスター発表 優秀賞

 

PDF オーランチオキトリウムの増殖効率.pdf

 

 

ポスター発表 優良賞

 

PDF  美人角は存在するのか?.pdf

 

ポスター発表 優良賞

 

 

 

PDF  ミルワームによるプラスチック分解 0120.pdf

 

 

午後は松高科学展とSSH成果報告会、運営指導委員会を実施しました。

松高科学展は松山市内の小学校、4校18本の理科のポスター発表があり、大勢の児童やその保護者が見学に来ました。

 

 

成果報告会、運営指導委員会では2期目3年目を終える松山高校SSHに対し、運指導委員の方々から様々なご意見をいただきました。 

 

生徒の感想 2年 城竹直大 (坂戸市立坂戸中学校出身)

1月28日に実施したクラス内発表で選ばれた物理、化学、生物、地学の各1班と理数系部活動が口頭発表をしました。その後、ポスター発表をしました。大学の先生や専門家の方々も来ていて、色々な感想やご意見をいただきました。私はポスター発表をしましたが、科学系部活動の人は、説明が上手いと思いました。ポスターの発表の時には色々な方に質問されましたが、自分の伝えたいことを相手に伝えることが出来てとてもうれしかったです。

研究発表会ではとても有意義な時間を過ごせました。発表の仕方を工夫して6月にはより良い発表をしたいです。

 

 

1年 岸田拓也(香港日本人学校香港校出身)

本日は、生徒を主体とした研究発表会が行われた。構成としてはSS科学探究Ⅱ・SS数学探究、理数系部活動の発表の後、ポスター発表があった。

先輩の発表を聞いていて思ったことが2つある。1つは自分はもっとプレゼンテーション能力を向上させるべきということ。2つ目は、勉強したことが繋がっていることだ。私は勉強は何のためにするものなのかとよく考える。本日、発表を視聴し、勉強したことが新しいものを作る際に必要不可欠のものとなると分かった。また、私にはやりたいことがなく、進路が全く見えていなかったが、ある程度の方向性が見えてきた。私にとってはとても良い行事であったと思う。

0

数学出張講義

1月21日㈫ 1年理数科、特進クラス対象に、東京電機大学理工学部教授 硲文夫先生を講師にお招きして数学出張講義を実施しました。

今回は「点字のふしぎ」というタイトルで、点字を題材に論理的に考え解読していくプロセスや点字の構成などについて講義していただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

生徒の感想 岡田大雅 (鶴ヶ島市立鶴ヶ島中学校出身)

今回の講義では硲文夫先生にお越しいただき、点字についての講義をしていただきました。

点字にはひらがなだけでなく、ローマ字や音符を表現できることにとても驚きました。点字は難しいと思われがちですが、話を聞くと規則性があることを知りました。点字の読み、書きの実習を通して点字に関心を深めることが出来ました。

これからの生活で、点字に触れる機会を増やしていきたいと思います。また、この講義で学んだことを活かし進路選択に役立たせようと思いました。

0

SS科学探究Ⅱ クラス内発表

1月28日(火)2年理数科SS科学探究Ⅱで生徒研究発表会のクラス内予選がありました。

 

理数科2年生が1年半かけて研究してきたことを、パワーポイントを使って発表しました。

 

校内からも大勢の先生にご参加いただきました。

 

 

選考の結果、以下の緑の網掛けの4つのグループが、大学の先生をはじめとする外部の方も参加する2月1日(土)の研究発表会で口頭発表を行います。

 

当日は数学探究Ⅱ、生物、化学、物理、地学、数学部からも6本、計10本の口頭発表を行います。

研究発表について詳しくはこちらへ。

2月1日の研究発表会当日は、口頭発表をするグループを含め、探究Ⅰ、探究Ⅱ、理数系部活動のすべての研究のポスター発表を行います。

 

 

 

0

SS科学探究Ⅰ クラス内発表

1月27日(月) 1年理数科がSSH生徒研究発表会に向けてクラス内発表会を行いました。

 

理数科1年生にとっては初めての研究発表の場となります。

 

当日は口頭発表の後、全ての研究のポスター発表をします。

 

SSH生徒研究発表会は2月1日(土)に東松山市民文化センターで実施します。

詳しくはこちら(PDFダウンロード)をご覧ください。

 

0

SS立志講演会

1月16日㈭ 1、2年生を対象に立志講演会を実施しました。

講師にお呼びしたのは、持田恵一さんです。

持田さんは国立研究開発法人理化学研究所環境資源科学研究センター バイオ生産情報研究チームのチームリーダーです。

ご自身の経験をもとに「持続性社会を目指す生物研究:これまでの選択とこれからの展望」というテーマで講演していただきました。

 

生徒の感想 2年 島田蓮(東松山市立東中学校出身)

今回の立志講演会では、国立研究開発法人理化学研究所から、持田恵一さんが「持続的社会をめざす生物研究」について講演してくださいました。内容は、持田さんの現在に至るまでの半生と、その中での人生の岐路と研究の関係についてでした。講演会に参加したことで、普段私たちは「小さなきっかけ」という大きなチャンスやタイミングを見逃してしまったり、物事の本質を理解せず、考える素振りだけして時間を浪費していたりの生活を送っていたことに気づかされました。だから私は、チャンスやタイミングを見逃さず、何事にもチャレンジする気持ちを持ち続けていきます。

 

1年 大貫尚記(鶴ヶ島市立西中学校出身)

今回、理研や大学の研究機関等で活躍している持田恵一さんから、ご自身の実体験や経験に基づいた「研究」についての講義をしていただきました。

こんにちでは論文の著者が大幅に増えていること、連携体制から多分野の研究者達が集まって融合する研究に移り変わっていること、論文を通じた研究についての持論など、実際に研究の前線に立っている方から具体的に知ることが出来た。SS探究で研究をしている身としては、今回の講義で新しく知った数多くのことを参考にしていきたい。

 

0