SSH日誌

SSH

第11回 高校生バイオサミットin鶴岡

慶應義塾大学先端生命科学研究所主催の第11回高校生バイオサミットin鶴岡がオンラインで実施されました。

 

バイオサミットとは、バイオサイエンスに取り組む全国の高校生・高専生が、研究の成果や計画を発表し合うコンテストです。

例年、山形県鶴岡市で開催されていましたが、昨年度よりオンラインでの実施となっています。

 

このコンテストは書類審査→予選→決勝という流れで進みます。

今年度は全国から227作品の応募があり、書類審査を通過したのは成果部門で69本、計画部門で47本の計116本でした。

松山高校からは成果部門で6本、計画部門で1本の計7本を応募し、全ての研究が書類審査を通過し予選に進出しました!

 1校からの応募は多くて2本程度で、松山高校生物部のように7本もの研究を応募するのは、全国的に見ても非常に珍しいだけでなく、その全てが書類審査を通過するのはさらに稀なことですキラキラ

生物部が応募した演題は以下の7本です。

●テストステロン投与によるプラナリアの有性化誘導の効果
  宇津木祐哉 吉成優馬 矢部真之介
●頭がないときプラナリアはどう行動する?~へッドレスプラナリアの光走性~
  佐藤琉晟
●雄と雌のミトコンドリアCO1 を用いたカラスガイ族の交雑種の検出と ミトコンドリアCO1と核ITSの系統樹の相違
  築根遼 中野律久 菅谷亮介
●ナミウズムシの遺伝的多様性と種分化 
  松本 陽彩 松井海璃
●ナミウズムシとアメリカツノウズムシの雑種の発見とこの雑種のミトコンドリアの両性遺伝
  山﨑青空 水上太稀
●寒天分解細菌の工業的利用
  植村響 阿部隼人
●ポリスチレン分解細菌の効率的な選別法の検討
  阿部隼人 植村響 大沢智哉

 

 

 

予選は8/11(水)にZoomを使い5つのブレイクアウトルームに分かれて行われました。

 

生徒たちは生物室に待機し、他の発表を聞きつつ、自分たちの順番を待っています。

4分の発表の後、研究者との質疑応答があります。

発表の約2週間後に結果発表がありました。

決勝に残ったのは、成果部門が69本中20本、成果部門では47本中15本で、松山高校からは成果部門で2本、計画部門で1本の計3本の演題が残りました!

 

成果部門で残ったのは、「テストステロン投与によるプラナリアの有性化誘導の効果」と「ナミウズムシの遺伝的多様性と種分化」で、計画部門の「ポリスチレン分解細菌の効率的な選別法の検討」も決勝に進みました。

 

 決勝は8月23日、24日の2日間にわたり行われました。

 

 

 

 

そして「テストステロン投与によるプラナリアの有性化誘導の効果」が科学技術振興機構理事長賞を「ナミウズムシの遺伝的多様性と種分化」が優秀賞を受賞しました!王冠


●科学技術振興機構理事長賞

テストステロン投与によるプラナリアの有性化誘導の効果

吉成優真(3-5) 宇津木祐哉(3-5) 矢部真之介(3-5)


●優秀賞

ナミウズムシの遺伝的多様性と種分化

松井海璃(3-7) 松本陽彩(3-8) 

 

また、優れた発表者に送られる審査員特別賞を宇津木祐哉 松本陽彩が受賞しました。

宇津木君、松本君は2年生の時も審査員特別賞をしています。2年連続で2名が受賞するのは本当にすごいことなのです!!!

これでバイオサミット審査員特別賞受賞は松山高校としては4年連続となりました。

生物部の今後の活躍に期待しています!

 

 

生徒の感想

阿部隼人(川越市立名細中学校出身)

バイオサミットとは、バイオサイエンスに関するディスカッション等を行う研究コンテストです。今年はコロナの影響でオンラインでの開催となりました。私は植村君、大沢君と一緒にスチレン分解細菌について研究を行っていて、計画部門に応募しました。書類審査と予選は通過し、決勝に出られましたが賞を取ることは出来ませんでした。

この発表会では、最先端で活躍されている研究者の方々が、私たちの発表を採点して下さるため、自分たちの良い点や、今後の課題を多く見つけることが出来ました。また他校との交流会では、生物の話だけで無く、世間話や自分たちの進路について話し合いました。賞は取れなかったものの、今回の経験から学んだことを、今後の研究や進路に活かしていきたいと思います。

 

松本陽彩(寄居町立男衾中学校出身)

私たちの研究は、日本のナミウズムシは1種類だけと考えられていましたが、6種に種分化が起きているのではないか、というものです。ナミウズムシは河川の石の裏に生息しているため採取が難しいです。また実験でも思うような結果が得られず大変でした。しかし仲間や先生方の支えもあり、今大会で3年間の集大成に至りました。大会の審査員は慶応大学の方をはじめとするプロの研究者だったので、質疑応答の時には鋭い質問が飛んできて、答えるのが大変でした。それと同時に自分への課題が見つかりました。今大会では優秀賞と審査員特別賞を受賞することが出来ました。大学進学後もこの研究を続けていきたいです。

 

宇津木祐哉(鶴ヶ島市立南中学校出身)

私はバイオサミットでは「テストステロンによるプラナリアの有性化誘導の効果」をテーマに研究発表を行いました。私たちの研究で、無性生殖を行うプラナリアに試薬を与える(投与する)ことで有性化を誘導でき、そして、生殖器官を形成させることができると分かりました。また、生殖器官が観察しやすく、有性化実験に適した個体群を発見し、生殖系統の検討も行いました。
このバイオサミットを通じて、先行研究や類似研究をしっかりと理解することの重要さや、研究を行うことへの意義を考えることの必要性を改めて感じました。また、発表技術と論理的説明力が向上しました。
昨年も同大会で2つの賞をいただきましたが、今年は昨年より良い科学技術振興機構理事長賞と審査員特別賞をいただくことができ光栄に思いました。全発表が終了後に大学教授による講義があり、その中で研究目的・意義、社会とのつながりを強く説明されていたため大学で研究を行う中でこれらのことを常に頭に入れ実験を行う必要があるのだと感じました。
本大会では私たちの研究に対して講評やアドバイスをいただく機会がありました。そこで得られたことやバイオサミットを通して学んだことを大学での研究や日々の学習にも活かしたいです。そして、私の研究で社会に貢献できるような研究を大学でしたいと思います。

 

0

【SSH】フィールドワーク(地学)

8月19日(木)1,2年希望者対象に、SSフィールドワーク(地学)を実施しました。

このフィールドワークの目的は、埼玉県内の自然に直接触れることで自然を知るとともに,県内の地質の名勝を訪ね地域の地質について学ぶことです。埼玉県立自然の博物館と長瀞岩畳周辺の見学や、おがの化石館の見学、秩父市下吉田取方の大露頭、皆野町前原の不整合の露頭見学などを行いました。

*露頭…岩石や地層が土壌や植生などにおおわれないで,直接地表に現れているところ

自然の博物館前にて

 

 

 

長瀞の虎岩の見学

 

 

おがの化石館での説明と見学

 

 

ジオパーク秩父の先生による説明(ようばけ前にて)

 ようばけ…日が暮れてもしばらく日が当たって輝く崖を見て、昔の人が呼んだ名前。「太陽の当たる壁」の意味。

 

 前原の不整合の見学

 

生徒の感想 岡野圭汰(ときがわ町立都幾川中学校出身)

このフィールドワークでは自然豊かな秩父方面を訪れ実際に見たり、触れたりすることで地学に関する知識を深める目的があります。博物館では秩父地方の成り立ちや古代の生物の生態を学んだり、有名な露頭を見ることによって自然の雄大さや不思議さを体感することを行いました。このフィールドワークで私は、長瀞の岩畳や小鹿野のようばけのような非常に特徴のある場所と地学的要素を混ぜることによって、その場所の本当の面白さに気づくことが出来ました。また、このような場所を私たちが今も見ることが出来るのは地元の方のおかげであり、本当にありがたいことです。

0

中央大学 SSH物理講義

8月24日(火)2年理数科を対象に、ロボットに関する講義を実施しました。講師は中央大学教授で松山高校理数科の卒業生でもある中村太郎先生です。

 

 講義タイトルは「生物・生態を規範とした”柔らかい”ロボットと実用化への挑戦」です。

中村先生の研究室では人工筋肉と生物型ソフトロボットの研究をしています。

ソフトロボットの特徴は、ロボット自体が生物のようにしなやかで柔らかく複雑な環境や超柔軟構造物に対して適応しやすいところです。

将来的に(それもそう遠くない時期に)ソフトロボットが世を席巻するようになるかも知れないのです。

中村先生は様々な研究機関や企業と共同研究していてJAXA(宇宙航空研究開発機構)やJAMSTEC(海洋研究開発機構)とも連携しているそうです。

 

講義の後はプログラミング実習をしました。アシスタントティーチャーとして参加した中央大学の大学院生に教えてもらいながらプログラミングの基礎を学びました。

 

生徒たちは自分でプログラミングを組み立て、ロボットにライントレースをさせました。

 

トレースするルートの難しさによりレベル分けされていて、複雑なルートをクリアするために、自分でプログラミングを考えてロボットを走らせます。思ったようにロボットが動いてくれないときは、プログラミングのどこがだめだったかを考え、再度プログラミングを組み直すというトライ&エラーを繰り返し、一番難しいレベル5をクリアするために、生徒たちは時間を忘れてチャレンジしていました。

 

生徒の感想 菅原壮太(鶴ヶ島市立南中学校出身)

中央大学で生物型ロボットやソフトロボティクスの研究を行っている中村教授の研究内容を、高校生にも分かりやすいよう講義していただいた。その後、TAの人たちが加わり、プログラミングを用いてロボットのトレース実験を体験させていただいた。講義を受け、私は身近にいるミミズやカタツムリの行動方法に疑問を抱き、その事柄について深く研究していき、それを用いて宇宙や医療の面で活躍させている中村教授の研究に興味を持った。また、教授の話していた「わくわくするかどうかで研究をする」という言葉が印象に残った。実験では、簡単に使えるプログラミングアプリなのにも関わらず、自分の意図しない方向に動いたりしてしまい、様々な場合を試す必要があるため、昼休みを使ってまでみんなで考え合い、楽しみながらプログラミングを学ぶことが出来た。自分の興味のあることを深く突き詰めることのできる大学での研究がより一層楽しみになった。

0

英語プレゼン講座

8月23日(月)国立女性教育会館で1,2年理数科を対象に英語プレゼン講習を実施しました。

 

講師は神田外語学院のマデン先生です。

午前中は1年生、午後は2年生対象で行われました。

生徒が1人ずつ前に来て、アイコンタクトの練習や英語での自己紹介をしました。

 

 

 

 

生徒の感想 

2年理数科 示野悠(坂戸市立坂戸中学校出身)

今日は理数科合宿で英語のプレゼン講座を行った。講師としてアメリカ出身のAnthony Maddenさんに来ていただきました。この講座では人前でどのようにコミュニケーションを取っていくかを学び、それを踏まえて、英語で簡単な自己紹介をしました。

私は講座を聴いていく中でプレゼンに対するポイントをいくつか学びました。それは「大きな声で、アイコンタクトを取り、身振り手振りを交えて行う」というものです。今回学んだことをSSHの英語研究発表、さらには社会に出てからも通用できるよう練習を繰り返し、自分のものに出来るように精進していくつもりです。

 

1年理数科 小川友輝(熊谷市立妻沼西中学校出身)

英語プレゼン講座では、初めにアイコンタクト、ジェスチャー、ポージング、力強い声の4つの「良い話し手の方法」を教えていただきました。その次にアイコンタクトやスピーチの練習としてみんなの前で英語で自己紹介を行いました。その発表の中で様々なアドバイスを頂きました。最初はみんなの前に出て自己紹介をするのは緊張しましたが、練習していくにつれて、しっかりと上手なスピーチができるようになったと思います。今回、教えていただいたスピーチの方法を活かし、2年後の英語研究発表会で上手なスピーチができるように、日々教えていただいたことを磨いていきたいです。

0

SSH全国発表会

8月4日(水)~5日(木)SSH生徒研究発表会が神戸国際展示場で開催されました。この発表会ではSSHに指定されている高校が全国から集まり、研究発表をします。新型コロナ感染拡大防止のため、昨年度は中止となったため、2年ぶりの開催となりました。

本校からは理数科3年の大貫君が参加し「電界通信における高度相関」の研究発表をしました。

 

 

 

電界通信における高度相関.pdf

 

生徒の感想 大貫尚記(鶴ヶ島市立西中学校出身)

 神戸国際展示場で令和3年度SSH生徒研究発表会が行われました。コロナ禍での開催のため、分野別に2日間で実施となり、1日目の物理・工学・数学・情報・地学分野の日に参加しました。

この発表会は全国のSSH指定校・経験校が集まるだけに、普通の地区展や学校行事では交流できないような学校の発表を多く見ることが出来て、とても新鮮な経験でした。さらに、他校のポスターや発表で工夫点を多く発見することが出来ました。私は審査委員から発表について少々厳しい意見を頂きましたが、今後のためのスキル向上として良い機会だったと思います。今回の刺激を受けて進路等、将来に活かそうと思います。

 

0