松高塾とは

 進学補講や本質理解の講習

 松高塾とは、通年(前期・後期)講座と長期休業中の講座(夏季・冬季)に行われる各教科や教科を横断した内容の補講です。生徒が自主的に申し込み、多い講座では50名を超える講座もあります。

 また、英検・受験対策や教養、総合的な探求に絡めた講座まで、生徒自身の興味関心を高める講座も展開されています。

 

松高塾「世界史受験対策」を体験してみましょう

 受験生として迎えたある日の火曜日、松高へ朝7:30に登校し社会科室へ向かう。 

 3年生を主な対象者とした講座で、周囲を見渡すとこの日は他に15名ほどの生徒が参加している。共にこの講座に参加し同じ大学を志望している友達とあいさつを交わし、自分の席に座る。

 この日のテキストが配布され、憧れの大学の過去問があることに気づく。その瞬間、隣にいる友達と目が合い、お互いにニヤニヤしながら追加の資料など密度の濃い内容を見渡す。がぜんやる気が出る。 

 先生のきれいな板書とテンポの良い解説に、うなずきながら知らなかったことは「その理由も含めて」頭に叩き込む。普段の受験勉強の成果もあり、用語ぐらいなら先生に指名されても答えられるが、歴史のつながりを説明することは難しい。

 朝のSHRが始まるギリギリまで講習は続き、時間を1分1秒たりとも無駄にはしなかった。隣の友達とは親友だが、同じ大学を志望する仲間でもある。きっと2人で合格を手にすることができると信じ、今日も1時限の授業へと向かう。

松高塾の様子
講座一覧
松高塾