教育目標

揮毫:吉田 鷹村

東京学芸大学名誉教授(旧制12回卒)

建学の精神「文武不岐」

 建学の精神「文武不岐」は松高教育の柱であり精神です。「文武不岐」の「文」は学問、「武」は部活動を意味します。 松山高校は勉学・部活動に分け隔てなく励む生徒で活気と爽やかさに満ち溢れています。

教育目標

 本校においては、教育基本法に示された教育目標達成のため、中学校における教育の基礎のもとに全人教育を目標とし、 個人的各能力の向上発達をはかる共に、社会人としての能力の増進をはかり、平和的民主的な国家及び社会の有為な形成者の育成を期する。

教育方針

 本校の教育目標達成のため下記の方針により、各教科指導、その他あらゆる教育活動をとおして人間の理想像形成に努め、生徒の指導を行う。

  1. 真理と正義を愛すると共に、個人の価値を尊重する観点を養成する。
  2. 自己の責任を重んずる気風を培うと共に、自主的精神の涵養に努める。
  3. 健康の増進をはかると共に、明朗にして質実かつ剛健の気風を培い、規律と友愛の精神を育成する。
  4. 勤労を愛し、その理解と認識を深め、職業の選択に適正を期するように努める。

校訓

  1. 責務を自覚し 自治自律の人たるべし
  2. 心身を鍛錬し 快活剛健の人たるべし
  3. 人格を尊重し 和衷協同の人たるべし

校章

本校校章は、昭和21年生徒からの募集により集まった中から、美術担当の宮本竹治先生が選び、修正して制定。昭和23年春から用いられている。

 図案は校名にちなみ松の枝を描き、その先端に若い松の芽が伸び、この枝を三方に安定感のある正三角形に配置し、更に松枝の触れ合う部分にはカワラナデシコの花弁を置き,中央に力強く「高」の字を浮き出させたものであり、松の芽・カワラナデシコにより、松高生の若々しく成長する姿と期待を表現している。