学校からのお知らせ

NEW新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づいた緊急事態宣言に伴う短縮授業等について(連絡)を掲載しました。

・ 飲料水等自動販売機設置事業者の募集について を掲載しました。

・来校される場合は、必ず事務室にて受付をお願いします。また、マスク着用にご協力お願いします。

・スマートフォンの方は右上の[≡]をクリックするとメニューが現れます。

お祝い「映像制作部」高校生のための eiga worldcup 地域部門 みゆき野映画祭 in 斑尾~北欧・日本国際短編映画祭~ 賞 丸山 東駿・髙橋 勇希「まんぷく!四方吉うどん」

お祝い「陸上競技部」全国高等学校駅伝競走大会 埼玉県予選会 第5位 関東大会出場

お祝い「陸上競技部」県新人大会 110mH 優勝 樋口 隼人 全国高校陸上競技大会出場

お祝い「新聞部」第24回 全国高校新聞年間紙面審査賞 団体 優良賞

お祝い「新聞部」第44回 全国高校総合文化祭新聞部門 団体 文化連盟賞

お祝い「生物部」第10回 高校生バイオサミット 審査員特別賞受賞 松本 陽彩 宇津木 祐哉

お祝い「生物部」第10回 高校生バイオサミット 優秀賞受賞「マツカサガイの遺伝的多様性と種分化」

お祝い「剣道部」県学校総合体育大会 団体 Gブロック優勝(県ベスト8以上相当)

お祝い「書道部」第14回 全国高校生大作書道展 大作準大賞受賞「臨 灌頂歴名」小倉 和磨 

 

中学生・保護者の皆様へ(2021年1月18日更新)

NEW【緊急連絡】

1月7日に1都3県へ向けて発令された緊急事態宣言、また県の感染拡大防止対策等の指示を受けまして、土曜オープンスクール⑥【1/23(土)実施】につきまして、内容を大幅に変更せざるを得なくなってしまいました。お申し込みをいただきました皆様には大変ご迷惑をおかけ致しますが、どうかご了承ください。

つきましては、お申し込みをいただきました方には、本校よりこの件につきましてメールにてご連絡をさせていただきます。ご一読いただきまして、ご対応をお願い致します。どうかご理解のほど、宜しくお願い致します。

 お申し込みいただいたにも関わらず、メールが届いていない場合には下記までご連絡下さい。

 Tel:0493-22-0075

「令和3年度募集要項」を掲載しました。

「土曜オープンスクール⑥」(1/23)の申込受付を開始しました。

・新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から、学校案内(パンフレット)およびポスターで公表していたすべてのイベントについて、「日程や内容を変更」または「中止」とします。代替イベントは「学校説明会等の案内・申込」に掲載しています。

・2021年度入学生用の学校案内(パンフレット)が完成しました。

 

  ・「中学生向け公開動画」のページに以下の動画を追加しました。

1minムービー「松高の魅力」【映像制作部】→→→【高画質版はこちら(YouTube)】
NEWOBから見た松高の特進クラス(R02第4回OL学校説明会録画)【東京外国語大学3年・松本】
NEW部活動について(R02第4回OL学校説明会録画)【サッカー部 新井】
NEW部活動について(R02第4回OL学校説明会録画)【吹奏楽部 護守】

松高生の活躍(令和元年度)
新着情報
松高日誌

松高日誌

ありのままでいること。

1年生の国語の授業では、文章を書く表現力を鍛えるさまざまな取り組みをしてきました。

その一環で、今日は3分間のこんな取り組みをしてみました。

「雲に住んでいるあなた。雲から落ちないコツを教えてください。」

生徒の答えをいくつか紹介します。

・雲の端を曲げてお皿みたいにする。

・小さくなったらタバコから煙を出して拡張する。

・雲と手を繋ぐ。

・もういっそ子供に戻る。

・ありのままでいること。

 

彼らの感性でしか生まれないものばかりでした。まるで小説の設定のようでもありました。

これから先、松高生も「ありのまま」の自分を大切にしながら、どんどん成長していってほしいと思います。この感性が、文章力と結びついて、もっと膨らませていければ、それこそ生きていく上での大切な力になります。

松高から見える空の写真

 

 

 

 

 

 

 

  

 

ちなみに、答えの中に「雲になる」というのもありました。

雲から手足がはえたキャラクターも添えてくれました。それはそれで私は好きですよ。

冬が終われば、春が来ます。ガンバレ、松高!

国立ハンセン病資料館オンライン見学

12月23日(水)理数科1年対象に国立ハンセン病資料館オンライン見学会を実施しました。

 

オンライン見学会の前に12月21日(月)、22日(火)と事前学習をし、ハンセン病について学びました。

 21日(月)は教室でハンセン病資料館からいただいた資料を元にハンセン病について調べ、問いを作り、その問いをクラスで共有しました。

 

22日(火)は生物実験室でハンセン病に関する動画「柊の向こう側」を視聴しました。

 

 

 

 

そして12月23日(水)に、国立ハンセン病資料館とZoomでつなぎ、ハンセン病についてや療養所の歴史などの解説の後、施設の中を案内していただきました。

 

 

 

 

 

資料館のオンライン見学を終え、質疑応答の時間には生徒たちから数多くの質問が出ました。

予定時間を過ぎても質問が続き、生徒たちの関心の高さが伺えました。

 

その日の午後の授業で、一人一人がハンセン病に関するポスターを作りました。

 

 

 

 

コロナ禍で直接資料館に出向くことはかないませんでしたが、長年の差別の歴史を知り、衝撃を受け、生徒一人一人がそれぞれに思うことがあったようです。

 

生徒の感想 窪田誠也 鴻巣市立鴻巣北中学校出身

昔、恐ろしい感染症とされていたハンセン病について、国立ハンセン病資料館の職員の方からガイダンスを受けたり、動画で元患者の方々が受けた辛い体験や療養所での話を聞いたりしました。視聴した動画の中で病気の辛さよりもそれによって追い込まれる家族の苦しさの方が大きいと話されていて、政府だけでなく周囲の人々もその人たちを苦しめる要因になっていると思うと、まずは正しい知識を持ち、偏見や差別をなくすことが重要だったのだなと思いました。

2021年始の松高OBの活躍!

 元日のニューイヤー駅伝に松高OBが2名出場しました。

  1区  小山 直城さん(東京農大→Honda)

  5区  川田 裕也さん(東京農大→埼玉医科大グループ)

 小山さんは同大会昨年度1区3位で、今年度は1区5位でした。

 また、川田さんは埼玉医科大グループ初のニューイヤー駅伝での出場選手となりました。

 一方、3日の箱根駅伝(復路)に松高OBが2名出場しました。

 今年度の箱根駅伝では、埼玉県の公立高校出身選手は松高の2名のみでした。

  8区  野口 英希さん(東洋大学)

  8区  伊地知 賢造さん(國學院大学)

 野口さんは区間2位、伊地知さんは区間9位の快走でした。

 松高OBの活躍に、大興奮の年始となりました。

 

初任者による研究授業

 今年度の国語の初任者による研究授業が、12月に1年5組で行われました。

 

 

ー生徒のコメントー【関根 武琉(川島西中 出身)】

 国語のテストで学年1位を取った。理由は簡単だ。担当が矢野先生だから!(他の先生が悪いわけではない)授業の始めに矢野先生は、ドラマの伏線について解説する。矢野先生はbacknumberの曲を解説する。矢野先生は映画の技法について解説する。アレッ、これって国語?とみんな思うかもしれない。しかし、この雑談が後にでてくる授業の問題の伏線になっているのだ!!

 雑談楽しい→問題来た→雑談の内容をヒントに解く→俺ってすごいんじゃね→国語楽しい!この矢野スパイラルによって、自分にとって眠くて退屈な国語が楽しくて最高な国語の授業になるのだ。授業の感想をって頼まれたけど、矢野先生の授業の解説みたいになってしまった。まぁ理由は簡単だ。矢野先生の授業はすばらしいから!

應援團に届いたのは…

 11月にTwitterライブ等で本校應援團が、超放課後祭 Supported by 放課後『カルピス』に出演いたしました。

 先方のご厚意で、現在2年生部員1名であることを気にかけていただき、休部寸前であることもライブ内で何度も伝えていただきました。

 大物アーティストの出演もあり、イベント総視聴者数は約120万人のアクセスがあったそうで、コロナ渦で野球応援や有観客での発表の機会がなくなってしまった団長と、引退した3年生にとってもよい思い出となりました。

 ライブ中にいただいた昔からのファンの方々からの応援コメントや、應援團を初めて知っていただいたと思われる方から「かっこいい!」というコメントをいただき励みになりました。ありがとうございました。

 

 そして、應援團に最高のクリスマスプレゼントが届きました…

      ↑ 気になる方は、今すぐ應援團の日誌へ!